最近のトラックバック

« 新しい中古楽器!? | トップページ | 夜勤明けの本番 »

2011年5月27日 (金)

驚異の燃費

 もちろんエコ運転として、丁寧に運転した結果ですが、町乗りでも20km/lオーバーを記録している、我が家のHONDA FIT HYBRID。そうなると高速道路での運転など、軽く30km/lオーバーしてくれるものかと思いきや、これが意外とのびず、町乗りと大して変わりませぬ。まぁ、エコ運転ヲタクとしては、HONDAのHYBRIDシステムIMAの特性をもっと良く知れば、その値をはじき出すのも夢ではないと思っていますがね。

Fit650  そんな中、とんでもない数値が!?

65.0km/lってアータ、どうしちゃったのよ!

メーター振り切り!!

これは筑波山を下りてきたときの数値なんですが、ちなみに前回の15km/lというのは登ったとき。足して2で割ったって、イイ数字じゃんか!

Fit413  とは言いつつ、

さっきの値は山を下りた直後。

更に平地を走って自宅にたどり着いたときは41.3km/l。

それでもイイっちゃぁイイんですがね。

 これはHYBRID車に限った事ではありませんが、山道の坂を下るときにアクセルを踏み込む輩などいるはずなく、エンジン・ブレーキを使い、HYBRID車の場合は、その間バッテリーに充電し放題。更に平地はクルーズ・コントロールを使ったので、かなりモーターを使ったようで、40km/l代をマークしたのでしょう。

 ワタシ常々思うのですが、HYBRID車のように、ガソリンだけで走らない車の、燃料と走行距離の関係は、「燃費」という言葉を使ってはいけないと思うんですよ。「燃費」というのは、1リットルで何キロ走るかってのを表す値。HYBRID車の場合は、モーターのみでの走行もあるので(HONDAのIMAは別ですが)、ガソリンを使わずに走行している分も「燃費」として計上して良いものやら。

 そこいくとMAZDAがこのほど発表した、SKYACTIVなるエンジンはスゴイ。純粋なガソリン・エンジンで30km/lをだすなど、「何だよ、デキるんじゃん」とは簡単に言い難い。当たり前だけど。

 どちらかと言うと燃費競争は、HYBRID以前からHONDAが優位にたっていた感があったし、HONDAだったらまだまだ内燃機関でもイケるのでは、とも思っていた矢先。我らHONDA党にしてみると、技術革新は歓迎しつつ、それを成し遂げたのが他社だったのが残念なところ。

 今後も頑張って欲しいものです。もちろん燃費以外の部分も(意外と重要!)。

« 新しい中古楽器!? | トップページ | 夜勤明けの本番 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/51785774

この記事へのトラックバック一覧です: 驚異の燃費:

« 新しい中古楽器!? | トップページ | 夜勤明けの本番 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ