最近のトラックバック

« 佳秋カルテット、農園で演奏 | トップページ | Digitalのための三脚 »

2011年8月 2日 (火)

二の丑は自宅で

 今年は早いうちに土用の丑の日があったので、二の丑がある年でした。昨年はファミレスで仕方なく済ませたのを、今年は地元で極上の鰻が食べられたのは、この前書いた通り(2011年7月22日参照)。

 イベント好きなテーホーとしては、当然二の丑でも鰻を食べるわけですが、さすがに12日余りでまた出費、というのも痛い...。しかも今年は鰻の高騰。安かったはずの中国産までが、結構なお値段(涙)。

Komatsuyaunagi  そこへもってきて、

何とタイムリーな頂きモノ!

土浦駅前の小松屋さんの鰻です。

蒲焼きの他に、

生姜煮もありました。

こちらは佃煮のような味で、なかなか美味しかったです。これで今年はつつがなく夏が越せる!?

 ところで我が土浦は、佃煮が名産品です。私の幼なじみの家も佃煮屋さんだったり、大型スーパーの中の専門店で入っていたり。しかし私が思うに「佃煮」って、若い人はあまり食べませんよね。実は私も自分で買うか、というと其れは無く、時々頂き物を食べる程度。

 よく鮮魚売り場で流れている歌、はたまた野菜売り場でキノコの歌が流れていたり。そういうのでかなり売り上げが上がっているのだそうな。歌もそうですが、佃煮も何かこう、食べ方やら、○○に効く、みたいなポイントが浮き彫りにされると、結構ブレイクすると思うんですけどね。そうなれば幅広い層に食べられる食物になるかと。

 いや、逆にブレイクし過ぎて、スーパーの棚から商品が消える!?

« 佳秋カルテット、農園で演奏 | トップページ | Digitalのための三脚 »

コメント

去年の土用の丑の日に小松屋の鰻食べました。佃煮も美味しいですよね〜

私も自分で買うよりもらって食べる佃煮が多いなぁ。

佃煮の歌書いて下さいよ。土浦のスーパーで流したら売れるかもですよ。

> 幸子さん
 佃煮の歌!そうですね、せっかく土浦に住んでいるんだし。売れるかなぁ、佃煮。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/52375795

この記事へのトラックバック一覧です: 二の丑は自宅で:

« 佳秋カルテット、農園で演奏 | トップページ | Digitalのための三脚 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ