最近のトラックバック

« PC新調:2代目emachines | トップページ | 遠く離れた2つのリハーサル »

2011年11月22日 (火)

NAOTO Classical Concert 2011

 金髪のViolinist、NAOTO君の活動の中で、恐らく重要な位置を占めているClassicのスタイルでのコンサート。先日大阪公演を終え、東京公演はオペラシティでの本番を迎えました。

Ncc2011b  実は客としては何度か訪れている、

このオペラシティのタケミツメモリアル。

いやぁ、こんなに天井が高かったとは!

今年は葉加瀬太郎さんの、

春ツアーの東京公演がここで行われました。

そのときにも感じましたが、ここの音響は素晴らしく、小編成の室内楽から大編成のオーケストラまで、演奏者の表現を余す所無くオーディエンスに伝えるホールです。其れにはこれくらいの天井の高さが必要!?

Ncc2011a  ええ、そうでしょう。

マイクで音を拾い、

電気的に残響をつけるのであれば、

恐らく指先ほどのチップを搭載したマシーンで済みますが、所詮それは自然のものではありませぬ。その自然の響きを作るのに、このホールの設計者はとてもこだわったのでしょう。

 話を戻しますと、前半のNAOTO君と清塚信也君のDuo。取り分けRavelのSonataは、最小限の編成ながら、色彩豊かな演奏だったと思います。これは相川麻里子さんや植木昭雄先生のTrioのときも感じましたが(2011年10月4日参照)、やはり名手によるフランスものは違いまする。でもあのピアニストの演奏とキャラのギャップが...。

 今回は指揮が多かったワタシ。やはり難しかった...。普段オケマンである世界最重量チェリストの向井航君にも色々アドバイスを頂き、今まで自分がやってきた指揮の癖を、少し直す事が出来たかしら。今後も指揮をする機会がありますが、やはり勉強だなぁ。

Ncc2011c  最後にNAOTO君、

「少し早いですが...」

とくれば「Merry Christmas!」って言うのかと思いきや、

「良いお年を」かネ。楽屋にはこうして飾りがしてありました。

 音楽監督というのは肩書きだけで、実際にはたいした仕事はしていませんが、それでも今年の大きな本番の1つが終わったという感じです。NAOTO君、有り難う。

« PC新調:2代目emachines | トップページ | 遠く離れた2つのリハーサル »

コメント

お疲れ様でした、
昨日の演奏会行かさせていただきました!!

母親と行ったのですが、ブエノスアイレスの秋がとてもかっこよく、親子共々感動しました!!


素敵な時間をありがとうございました。

いつもながら啼鵬さんのアレンジ凄いです。
本当にいいホールでした、何ともいえぬ音の反響
ユニゾンになった時、ちゃんと一人ひとりの音が解るってすごいです。
バンドネオンの紹介と今度はカホンも紹介してあげてください。
カホンの音色も物凄く引きたってました。
素敵なコンサートでした。
楽しいひと時をありがとうございました。

お疲れ様でした。大変すてきなコンサートでした。啼鵬さんの指揮も私は好きですね。啼鵬さんがこんな音楽を届けたいのだろうなというのが伝わってきました。

このホールは初めてでしたけど、すごい音の響きが素敵で、感激でした。拍手も響きわたっていて、音楽の一部のようでした。咳もすごい響いていましたけど(笑)

素敵な音楽で心が浄化されました♡

お疲れさまでした。
ブエノスアイレスの秋は思わず身を乗り出して奏法チェックしようなんて図々しいこと思ったもんだから、バルコニーから転落しそうになりました(爆)

「いい曲だなぁ」と思う瞬間にたくさん出会いました。
昨今、「上手いなぁ」と思うことはあっても「いい曲だなぁ」と思うことが少なくなっていたので、久々にいい空気を吸うことができて満足です。
技巧の展覧会のような演奏より、「いい曲」と思わせる演奏ができてこそ真の演奏家ではないかと、あらためて思いました。
過去の偉大な作曲家の曲を演奏するときなどは特にそうですね。演奏家である以上、それを伝える使命もあると思うので。
そのために譜面が語っているわけだから、大いに読み取らなければ…と思いました。
ありがとう!

ていほうさんこんばんは。
素敵なコンサートでした。
さすが!ていほうさんの編曲最高♪と何度思ったことか。
今年のていほうさんのスーツ姿は今回が見納めかしら?
いつもと違った雰囲気に大満足な1日でした。

> しょうさん
 ご来場有り難うございました。実はあの「ブエノスアイレスの秋」は、数年前に編曲したのですが、今回が初演でした。自分では何を書いたか忘れていたくらいです。気に入って頂けて光栄です。

> 隠れファンさん
 そうでした、カホンはスルーしてしまいましたね。叩かなかったら単なる椅子だと思っていた人も多いかも知れませぬ。
 アレンジは原曲あってのもの。素材が良ければ、良いアレンジが出来ます。

> ゆきうさぎさん
 アハハ、今年は指揮が多いです。でもプロを相手に指揮をする機会はあまりないですからね。皆さんに貴重なアドバイスを頂きました。

> 組長さん
 いやぁ、書き手としては、演奏家にちゃんと読み取ってもらえる譜面を書く、というのは大変なこと。これからも精進致しまする。「ブエノスアイレスの秋」はここで初演したので、「~夏」の方は我々で初演を。同じ時期に編曲したまま、結局何年も経ってしまっているので。

> こまこさん
 明日もスーツで出勤です。専門学校に。今回改めて思ったのは「Prism」に代表されるように、NAOTO君のメロディーメイカーとしての才能。スバラシイ。私にはないものを持っているね。

啼鵬さん、こんばんは。
昨日のコンサート、伺いました。素晴らしいコンサートでしたね。
啼鵬さんとNAOTOさんの息の合ったトーク&演奏、
多くを語らずとも、、、な阿吽の呼吸がとても印象的でしたし、
啼鵬さんの指揮も初めて拝見しました(笑)。
私はやはりNAOTOさんのファンなので、
クラシック曲もさることながら、
NAOTOさんの曲の素晴らしい弦楽アレンジにただただ感動致しました。
「Prism」は前奏の時点でなぜか涙があふれてきたくらいです。
あの超難曲の弦楽アレンジも素晴らしかったです。
生のヴァイオリンの魅力を再認識した一日でした。
音楽監督、お疲れ様でした!

今回のコンサートは残念ながら参加できませんでした。
前回から次の開催を楽しみにしていたのに、、、

せめてCD化されることを祈ります☆彡

お疲れさまでした!

Classical Concert、お疲れ様でした。
今回は是非とも勉強をさせて頂きたくて、聴きに行きました^^
ホールの響きも、NAOTOさんの音色も勿論素敵でしたが、
啼鵬さんのアレンジに今回も凄く感動しました。
特にブエノスアイレスの秋は、感極まり過ぎて潤んでしまいました…^^
啼鵬さんの指揮も初めて見て、NAOTOさんと背中合わせで演奏されてる姿は何だかとてもじーんとなりました。
本当に聴きに行く事ができて良かったです!
ありがとうございましたm(__)m

本当にありがとう。
やっと、今日一息つきました。

この企画、きっとずっとやるだろうから、また力を貸してやって下さい。

NAOTO

> michiさん
 私の指揮活動は結構長い割りに、そんなに機会は多くはないのですが、その初期からNAOTO君が弾いてくれています。何しろ高校生のときからですし。
 あの弦楽の音色を、オペラシティの空間に響かせる事が出来てよかったです。

> 北海道在住希望さん
 CD化かぁ...。こればかりは後から思いついて出来る事ではないので、難しいですねぇ。

> Natsumiさん
 相当遠方からですよね。ご来場有り難うございました。大阪と東京の2箇所ではもったいないくらいの公演でした。今後はもっと増えると良いです。札幌とか。

> NAOTOさん
 お疲れ様でした。いやぁ、私なんぞの力がなくたって、全然大丈夫よ。でも何か末席に加えてくれれば嬉しいです。
 今度のClassicコーナーはBartokかなぁ。

啼鵬さん、こんばんは!
クラシカルコンサート@大阪・東京公演お疲れ様でした!
クラシックを聴きに行くのが初めてで、かなり緊張しながら聴いてました。啼鵬さんのバンドネオンを聞いたのも、今回を含めて3回目。生で聴く音はとても素敵でした。実は、啼鵬さんに弟子入りしようとしたけど、軽く断られた夢を見ました(笑)実際、ドレミ〜って順番通りに弾くのが難しいんですね。音楽を習ったことがない人間にも難しそうです(苦笑)

大阪・東京の両公演、聴きに行って良かったです!!もし次回があるなら、鹿児島でも公演してください(笑)

お疲れ様でした。素敵な時間をありがとうございました!

> ゆかりんごさん
 ご来場有り難うございました。本当のクラシックのコンサートだと、MCも無かったり、とても長い曲を聴かされたりで、もっと緊張するかも知れませぬ。中には寝てしまう人も。
 九州公演はやりたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/53310398

この記事へのトラックバック一覧です: NAOTO Classical Concert 2011:

« PC新調:2代目emachines | トップページ | 遠く離れた2つのリハーサル »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ