最近のトラックバック

« いつの間に塩味出現 | トップページ | 麺の新食感 »

2011年12月22日 (木)

日西交流

 私の職業、大きいものは数千人クラスのホール公演や、半年にも及ぶドラマの音楽など、関わる人の人数も多いですし、動くお金の額も大きいですが、小さいものになると、個人宅での演奏も珍しくありませぬ。

 この時期、クリスマス・コンサート関係も多く、この日も個人宅にお邪魔してきました。

Luciaparty お客さんの多くはスペイン人!

なので当然スペイン語が飛び交うワケですが、

そんな中、

ゲストの中には、落語家さんがいました。写真右端、立川談奈さんです。最近亡くなられた立川談志師匠の、孫弟子にあたるそうです。...って言うか「談奈」がATOKで変換候補に!有名な方だったんですねぇ、失礼致しました。

 彼は私とほぼ同世代。我々が演奏した後、日本語で小話を。皆さんスペイン人とは言っても、日本に長く住んでいらっしゃるので、日本語も話せます。なので談奈さんの話も大爆笑!

 ところで先ほど「我々が演奏~」と書きましたが、ゲストはもう1人。写真で帽子をかぶっている人。Luis Sartorさん。南米の民族楽器であるCharangoやGuitarの名手で、Vocalも出来ます。ホント凄い人で、私もセッションしましたが、圧倒されっぱなし。「泉のように音楽がわき出る」という表現がぴったりの人で、またとても楽しい人柄。Inter FMでも西語のニュースを読んだり、西語のVocalレッスンもしたりと、幅広く活動されています。とても忙しそうです。

Luisteho アルゼンチンはサンタフェ出身。

同じサンタフェ出身の元サッカー選手、

Gabriel Batistutaとは、

お父さん同士が友達だそうな。

 実は彼とは昨年の日亜交流でもご一緒しています(2010年8月21日参照)。いつかまた一緒にセッションしたいですね。そのステージはアナタの家かも!?

« いつの間に塩味出現 | トップページ | 麺の新食感 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/53545347

この記事へのトラックバック一覧です: 日西交流:

« いつの間に塩味出現 | トップページ | 麺の新食感 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ