最近のトラックバック

« 先生!居酒屋でバッタリ!! | トップページ | 久しぶりの先割れスプーン »

2012年1月 7日 (土)

清水雅彦テノールリサイタル【歌曲と合唱で愛される歌たち】

 昨年の東日本大震災で延期になった我が恩師のリサイタル。その記事を書きました(2011年3月21日参照)。私に合唱というジャンルの魅力を教えて下さった、素晴らしい先生です。ようやくそのリサイタルに行ってきました。

Shimizu2012 今回は合唱曲を歌曲として歌ったものも。

全て邦人作品です。

聞いていると、

「あれ?この歌詞は...!?」

 そう、うちのチビが見ている「にほんごであそぼ」でコニちゃんが歌っている「みんなちがってみ~んないい」でした。そう、金子みすゞの「わたし と ことり と すず と」。もちろんこちらは中田喜直先生の曲ですが。

 個人的には後半にたくさん歌われた千原英喜先生の作品が良かったですね。失礼ながら存じ上げていなかったのですが合唱、歌曲の分野ではお馴染みの作曲家でしょう。行進曲風の「雨ニモマケズ」など、親しみやすい曲でした。

 思うに合唱(歌曲も)や吹奏楽の世界は、もちろん前衛的な作風もありますが、まだ保守的な部分もかなり残され、割と親しみやすいジャンルではないかと思います。実は昨年、私も合唱の編曲の仕事をしたり、そもそも勤務する看護学校では合唱指導をしているワケで、更にはBeethovenの「第九」を指揮したり。もっともっと勉強しなくてはならない分野です。

 ちなみに写真のプログラムの左。私が高校時代に書いた先生の似顔絵。

« 先生!居酒屋でバッタリ!! | トップページ | 久しぶりの先割れスプーン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/53681842

この記事へのトラックバック一覧です: 清水雅彦テノールリサイタル【歌曲と合唱で愛される歌たち】:

« 先生!居酒屋でバッタリ!! | トップページ | 久しぶりの先割れスプーン »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ