最近のトラックバック

« 盛岡サックスアンサンブルと | トップページ | 首席と首相 »

2012年2月18日 (土)

OTS & 盛岡サク スペシャル・コンサート

 Out of The Standardが盛岡公演をするのは、2009念4月以来(2009年4月13日参照)。何しろメンバーの牛渡克之さんが、岩手大学の先生なので、ホームグランドが盛岡にも出来た、みたいな感じです。

 思い返すとそのときはプチ・ツアーで、大船渡公演もしたのです(2009年4月19日参照)。その後、震災の報道で、毎日のように大船渡がテレビに映るなど、夢にも思いませんでした。我々が泊まったホテルの近くにあったスーパーも、津波の被害を受けたようです。

Otsmorisax1  会場のマリオスは、

前回盛岡サクソフォン・アンサンブルと共演した場所。

実は某タンゴ歌手の伴奏もここでした。

厳かなPipe Organが印象的。

 今回はホント、バラエティに富んだプログラムで、しかも編成も様々。調子にのった私はPiano Soloを。恐らく滅多に無いコト...。OTSのホール公演なので、それぞれのSoloコーナーで演奏しました。

Otsmorisax2  そして忘れてはならないのが、

今回OTSのサポートとして参加して下さった、

ピアニストの大野真由子さん。

彼女はSaxの大和田雅洋さんがらみで、何かと私のスコアを演奏して下さっています。今回もOTSの昔の曲から、書き下ろした新曲まで。有り難うございました。

Marios  ところで相変わらず私は半袖。

こちらの気温が何度かは知りませんが、

ポーランドのマイナス24度を経験すれば、

全く問題にはなりませぬ。

 ご来場下さった皆様、有り難うございました。またOTSで盛岡公演をやりたいですね。

« 盛岡サックスアンサンブルと | トップページ | 首席と首相 »

コメント

鳥肌立ってたのに、大丈夫だと言い張る半袖啼鵬さん(笑)
見ているこちらの方が寒かったですよー。
…ちなみにそのまま新潟へ向かったのですか?

ジョイントコンサート、お世話になりました。
一緒のステージで演奏出来るなんてとても光栄でした。
一見異業種なトリオOTS。
やっぱり(・∀・)イイ! OTS楽しいです!

盛サクにとっては、約2年ぶりの演奏となったわけですが。
2000年の演奏会といい、今回のジョイントといい、
啼鵬さんは私達に変革のスパイスをくださる方だなぁと思いました。
しみじみと、じんわりと、効いてます。
また12年後…ではなく(笑)
もう少し早いところでご一緒できたら良いですね。

> kbjn@盛サクさん
 お疲れ様でした。ちなみに翌日向かったのは新潟じゃなくて銀座ですよ。
 私も久しぶりに共演出来て嬉しかったです。メンバーは結構入れ替わっていましたが、サウンドは変わりなく、懐かしかったですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/54017644

この記事へのトラックバック一覧です: OTS & 盛岡サク スペシャル・コンサート:

« 盛岡サックスアンサンブルと | トップページ | 首席と首相 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ