« ポーランドのデパート | トップページ | 風邪対策!? »

2012年2月11日 (土)

初めての新品ノートPC

 私がパソコンをいじり始めたのは中学生の頃。国民機NEC 9801vmというもので、恐らく当時は企業等ではかなり出回っていたマシーン。V30という国産CPUを積み、普通に仕事をするには用は足りていましたね。メモリが512KBで、Cバスで640KBに増設しました。単位を良く見て下さい、MBじゃありませんぜ、キロバイト!その後Intelの286を積んだ9801vxが発売されました。

 そのときからPCは中古ばかりを購入。ATARIを除いて。取り分けノートはThinkPad220やPalmTop110の新古品以外は、全て中古。デスクトップではemachinesで新品を買うも(2006年6月21日参照)、それは自作PCに疲れたのと、知識が追いついていかなくなったのと...。

 ちなみに中古品に抵抗ある人には「へぇ~」って感じでしょうが、私は中古品に恵まれ、今でも多くが現役でバリバリ働いています。私のところにきた時点で、どれくらい使われていたかは分かりませんがね。

 そんな私が、四半世紀近くのPC人生で、初めて新品のノートPCを購入。

Thinkpadedge1 トーゼン買うのはThinkPad。

今やIBMからlenovoになってしまいましたが。

ビジネス・マシーンとしての風格は、

この黒いボディ以外考えられませぬ。まぁ、新品を買ったとは言っても、理由は価格。これが昔のようにウン十万もするものだったら、やはり中古を買いますな。ThinkPad Edge E520というモデルで¥39,700。メモリを4GBにして4万ちょっとに。Officeは入っていませんが、ワタシんなもん使いませんし。

Thinkpadedge2 私がThinkPadの愛好家で、

何冊も持っている事は、

以前触れました(2012年1月12日参照)。

その最大の理由がポンティング・スティック。Keyboard中央に見える赤いポッチ。以前はIBM以外も多く採用していましたが、使い勝手はIBMが抜群、と言うよりも他のメーカーのは使い辛かったです。

 私がする作業、譜面作成は、このポインティング・スティックでないと成り立たないくらいで、パッドなんで使っていられませぬ。ただこのThinkPad、下にパッドも付いているのが何とも屈辱的で、私なんぞはポインティング・スティックを使っているときに、手がパッドに触れる事があって、非常に煩わしい。とは言え、パッドに比べ慣れが必要なのも事実。

 さてこのThinkPad、何に使うか...。そう目的が無ければ買わないワケで、今後経過を報告する事になるのですが、果たして吉とでるか、凶とでるか。久しぶりの先の見えない投資でした。

« ポーランドのデパート | トップページ | 風邪対策!? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

IBMの頃の Thinkpad は壊れないという定評がありましたが、レノボになってどうなんでしょうかね。続報お待ちしています。

> ほーほさん
 そうそう。私もその剛性感が好きでした。今も現役で使えるのは、そのおかげでしょう。果たしてlenovoは...。

私も赤いポッチ大好きでした。慣れると便利、自由自在ですよね。
なので、普通のノートPCを買った時は、パッドを無効にしてマウスのみを使用してました。どうしてもパッドを使いこなせなくて。
今はMacBookのトラックパッドに満足しています。
ていほうさんのおニューのマシーンも、パッドのみを無効にして、ボタンだけを有効に設定できたら便利でしょうにねぇ。

> ジーナさん
 おぉ!そうでした。パッドには興味がないので、Disableの設定など考えてもみませんでした。無事に設定で、ちゃんとPointing Stickのみで操作しています。これで誤動作がなくなりました。アドバイス、有り難うございます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めての新品ノートPC:

« ポーランドのデパート | トップページ | 風邪対策!? »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ