最近のトラックバック

« マチェックとワルシャワで | トップページ | 「ベルセルク 黄金時代篇 I 覇王の卵」公開 »

2012年2月 5日 (日)

ポーランド料理

 やはり外国に来たら、その国ならではの料理を食べたいもの。

Polishcook01 今回はマチェックに案内してもらい、

ポーランド料理を堪能。

このスープ(手前)は「ジューレック(Zurek)」という、

ポーランド料理。

なかなか美味しかったです。

マチェックには、「これが美味しいなら、もうポーランド人さ」と言われました。

Polishcook02  肉がまた美味しい!

しかしながら、

さすがにこの量は...。

日本だったら1切れでメニューに。私は2切れ半くらいしか食べられませなんだ。付け合せはニョッキみたいな感じでした。
Polishcook03

 魚も美味しかったです。

マスの燻製。

皿の右上はライスですが、

ポーランドの米は円筒形!?

マチェックは「米は日本のが世界一だ」と言っていました。私が言うなら「そうかい」で済まされますが、マチェックが言うと「おぉ!」って感じですよね。奥の皿は鴨のグリル。ちなみにパンはレバー・ペーストをつけて食べました。
Polishcook04  この国は結構ソーセージを食べるようで、

私もオーダーしてみました。

メニュー名は「白ソーセージの田舎風燻製」とありました。

まぁ、ちょっと暗くて分かり辛いですが。

驚いたのが写真左の皿。

丸く模ったものが見えるでしょ。生肉です。

 タタル・ステーキというもので、付け合せから考えて、ユッケそのもの。私も少し頂きましたが、それはあの事件以来、久しぶりの生肉。以前は好きでかなり食べていましたが、あれ以来全く食べなくなっていました。まさかポーランドで食べるとは。
 今回はまずいものを期待して来ましたが、古くからのポーランドを知るスタッフが、「ポーランドもこんなにメシが美味くなっちゃったよ。残念だなぁ、隊長に活躍して欲しかったのに」と。しかし近くのスーパーでは、怪しいインスタントものをゲット。帰国してから食べますが、こちらは恐らくまずいもの探検隊のネタには十分かと。
 仕事の内容を書いていないので、Blogだけ読んでいると、まるで遊んでばかりという感じですが、仕事も無事に終わり、明日のフライトで帰国致します。

« マチェックとワルシャワで | トップページ | 「ベルセルク 黄金時代篇 I 覇王の卵」公開 »

コメント

無事のお帰りをお祈りします。長袖は買いましたか?(笑)
ジューレックというのはライ麦を発酵させた種を使うらしく、こんなものがあるなんて初めて知りました。イーストを使う前の古いパン作りに関係した料理でしょうか。食文化は奥が深い!
円筒形の米はタイ米のような長粒種でしょうか。タタルステーキのタタル(タルタル、tatar, tartar)は「ダッタン人の踊り」のダッタン(韃靼)です。モンゴル高原の遊牧民の馬肉食が西へ伝わってタタルステーキとなり、東へ伝わってユッケとなったと考えられますので、「ユッケそのもの」というのは食文化史的にも当たりです。
怪しいインスタントもの期待してます(笑)。やはり旅先では必ず現地のスーパーに行くべきですね。

私には食べきれないですな・・・。

> ほーほさん
 結局長袖は買う時間がありませなんだ。
 ポーランドは食べ物や芸術に限らず、ヨーロッパの中にあって、かなり独特なものを感じました。やはり奥が深いです。

> ゴルゴさん
 味はとても美味しいのだが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/53904428

この記事へのトラックバック一覧です: ポーランド料理:

« マチェックとワルシャワで | トップページ | 「ベルセルク 黄金時代篇 I 覇王の卵」公開 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ