最近のトラックバック

« 土浦の喫茶「一服」!? | トップページ | PAJERO MINIの終焉 »

2012年3月28日 (水)

まずいもの探検記【にぼとん】

 タイトルだけ見ると「なんのこっちゃ?」ですが、にぼしと豚骨で「にぼとん」と言うそうな。キムチと沢庵で「キムタク」と言うのと同じ。

Niboton2 例によって、

あの店の期間限定商品。

「限定」やら「タイムサービス」など、

そういった言葉にチョー弱いテーホーとしては、

「期間限定」などと書かれると、

「こりゃ今食べないと、一生後悔する!」などと思うワケ。

 久しぶりに足を踏み入れるなぁ、と思いきや、全然久しぶりでもない。今年ポーランドからの帰国後、すぐに行ったんだった。そう、先月のハナシ(2012年2月7日参照)。

 そしてランチ・タイムのストライクど真ん中を外して、少し早めに行ったのですが、驚いた事に店内は結構混んでいる!ここの店舗は成功したんだな、と思いながら1人にも関わらずテーブル席へ。ちなみに私、ラーメンはカウンターで食べてこそ神髄を味わう事が出来ると思っているタチですがね。

 はす向かいのテーブルには俳優の温水洋一さん似の作業員がガツガツと食べ、向こうのカウンター奥には、作業服姿の女性が1人で。隣のテーブルには、夫婦では無さそうなカップル。おいおい、オンナ連れで来るような店ぢゃないぜ。

Niboton1 そして問題のブツ。

齋藤たかし流に「麺かため」で頼んだのですが、

くるのが早過ぎ!?

「かため」とは言え、麺のゆで時間が短い。よく見ると、いつもの極太麺より細い感じがしました。スープと麺の関係は、十把一絡げではないので、スープによって麺を選ぶのはトーゼン。このにぼとんには少し細い麺が合うと思ったのでしょう。ただ其れだったら、「かため」にするんじゃなかった...。何故ってこの麺、「かため」にするとただ芯があるだけって感じで、イイとは思えませぬ。

 そしてスープ。にぼしと豚骨って、つまりギョーカイ用語で言う「Wスープ」。まぁ、これは有りっちゃぁアリですわ。味も少々濃いですが、それはこの店のカラー。デフォルトのトッピングも¥780という価格からすると、悪くないですわね。

 やっぱ最終的には「麺」で考えさせられた商品。安易にスープだけ差し替えた、というものではないのは分かりますが、んじゃ果たしてこのスープと麺の相性はイイのか?という問題。

 まぁ、いつぞやのバーベキュー味(2010年8月23日参照)なんぞよりは、よっぽど真に迫った作品で、こういうものならば私みたいなアンチ派も、行ってみようという気になり、人によっては「いいじゃん」と思うのかも知れませぬ。

 次回作も大いに期待!

« 土浦の喫茶「一服」!? | トップページ | PAJERO MINIの終焉 »

コメント

ていほうさんこんばんは。
なかなかの高評価ですね。Wスープが一番大好物!
久々に行ってみたくなりました。麺は普通にしておこうかな(笑)

> こまこさん
 ま、あくまでこのカテゴリでの評価ですがね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/54334752

この記事へのトラックバック一覧です: まずいもの探検記【にぼとん】:

« 土浦の喫茶「一服」!? | トップページ | PAJERO MINIの終焉 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ