最近のトラックバック

« Le Grand Tangoの謎 | トップページ | 2011年最後の作品 »

2012年3月24日 (土)

SUZUKI AERIO

 何故か家人が点検のためにHONDA(ディーラー)に預けたFITの代車がSUZUKI AERIO。この車、HONDA党の私が、HONDA車以外で気にかけている、数少ない車種の1つでした。SX4が出たために、もう生産はしていませんが。

Daishaaerio 何と言っても特徴は、

このリア・デザイン。

徳大寺有恒先生をして、

「おっ、どこの欧州車だ」と言わしめるくらいで、私も初めてこのリア・フェイスを拝んだときは、なかなか洒落ているな、と思ったものです。しかもどうやらこの手の車にありがちな、既存車の流用ではなく、新たに設計したというから気合いを感じまする。

 更にはSUZUKIらしくMT車の設定があったり、このコンパクトさ。私のようにデカい車の苦手な人は、このサイズの、いわゆるショート・ワゴンには一目おいたものです。今だとMITSUBISHI COLT PLUSがそんな感じ。SUZUKIは実用車を作るに定評があり、使い勝手としては、このAERIOは良いんじゃないかと。

 んで、実際に乗ってみると結構ガッカリなんですがね。まぁ、これは古い車全般に言えますが、やはり世代の違いを感じざるを得ませぬ。更には「軽乗用車のスズキ」時代の、頑張って作った感のある車で、その後SWIFTのヒットで「小型車のスズキ」にシフトするまでの過渡期とも言えるもの。エンジン音からも軽乗用車の延長という感は否めないですし、乗り心地もフワフワ。ハンドリングも私レベルでも「おいおい」って感じるくらいフニャフニャでした。高速道路でエンジンを回すと、車内は相当うるさいでしょうな。恐らく後継車のSX4とは比べるのも酷という感じ。

 とは言え、それは性能の部分。デザインというのは古さ、新しさが先に目につくようだと、たいした事はありませぬ。何か心惹かれるものがあれば、それは古かろうが新しかろうがホンモノ。最近ではメッキリ見かけなくなったAERIO。うちにやってきたのも何かの縁だったんだろうな。

« Le Grand Tangoの謎 | トップページ | 2011年最後の作品 »

コメント

ていほうさんこんばんは。
これだけ毎年新車が登場するってことは、
性能も上がっているんですよね。エンジンもダウンサイジングだし。
足回りやハンドル、ブレーキなんかも違いがよくわかりますね。
しかしデザイン、こればかりは自分の趣向は昔からあまり変わりません。
新車を試乗してもなかなか購入に結びつかない私であります。

> こまこさん
 逆にデザインが良かったら、少々性能の部分は妥協出来たりもするんですが。今乗っているHR-Vは正にそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/54299742

この記事へのトラックバック一覧です: SUZUKI AERIO:

« Le Grand Tangoの謎 | トップページ | 2011年最後の作品 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ