最近のトラックバック

« 隠れた名曲「カリ1」 | トップページ | 大首相の新譜【Seeds Of Life】 »

2012年4月 6日 (金)

追悼:Jim Marshall氏

 Electric GuitarをやっていてMarshallを知らないのは、PianoをやっていてYAMAHAを知らないに等しい。Marshall Ampsの創始者にして、「Father of Loud(爆音の父)」と呼ばれた、Jim Marshall氏が亡くなられました。私自身は音楽のジャンルも違うので、使用する事は殆どなかったのですが、たいていのリハーサル・スタジオやライブ・ハウスには常備されている事が多く、しょっちゅう方々で見かけていました。このアンプの出現がなかったら、Rockという音楽のスタイルは、今と変わっていたであろうと思うのは、私だけではないハズ。

Komarshall 我が家のMarshallは、

9Vの電池で稼働する、

俗に「小(子)マーシャル」と呼ばれるもの。

いや、孫マーシャルかな(笑)。部屋でGuitarやBassを弾くために買いました。確かフリー・マケットかなんかで。

 音楽、楽器とテクノロジーというのは切っても切れないもので、Acousticと呼ばれる楽器群、PianoやViolinだって、木になっているワケではありませぬ。考案者や実際に作った人、其れを量産する事に成功した人や企業、更には改良に改良を重ねて今に至るのですが、押し並べて言えば全てテクノロジーです。今後も改良は続くでしょうし、かつてCelestaが出現したのに目を付けたTchaikovskyが、「くるみ割り人形」の中で「金平糖の踊り」で使ったように、今後の作曲界に於いても、テクノロジーを無視する事は出来ないでしょう。

 そして一見音楽とは直接の問題にはならないと思われがちなMicrophone,Amplifier,Speakerといったメカ。電気がないと成り立ちにくい音楽だと、これらの機器はもはや楽器と言っても過言ではありませぬ。最初はDrumerだったというJim Marshall氏。一連の名機を生み出すに至るには、様々なドラマもあったでしょう。またRockに憧れ、欲しくてたまらないMarshallを買うために、バイトして小遣いをためた、なんてギタリストも少なくないハズ。

 20世紀の音楽史において、重要な役割を果たしたJim Marshall氏の功績をたたえ、心からお悔やみ申し上げます。

« 隠れた名曲「カリ1」 | トップページ | 大首相の新譜【Seeds Of Life】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/54406899

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼:Jim Marshall氏:

« 隠れた名曲「カリ1」 | トップページ | 大首相の新譜【Seeds Of Life】 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ