« 峰音・星野音楽教室発表会 | トップページ | 隠れた名作日本語FEP【Katana】 »

2012年5月15日 (火)

ATOK2012導入

 恐らく主力商品であるはずの日本語ワープロソフト「一太郎」よりも、確実にユーザーが多いATOK。私は一太郎Ver.2.3からのユーザーなので、ATOK5から使っている事になりますか。中学生の頃の話です。つまりは四半世紀以上もATOKを使っているわけで、そうなるとATOK以外の日本語FEP(今はFEPとは言わないのかな)を使うのが、非常にまどろっこしい。

Atokfamily それを実感したのは、

大学生の頃。

自作PCにはまっていた私は、

DOSに付属するFEPでは不便をきたし、写真に見える白いパッケージ、ATOK8を購入。思えばFEPを単体購入したのはこれが初めてだったかな。ちなみに2つ見えるのは同じものではありませぬ。片方はWindows3.1用、もう一方はDOS/V用です。

 昨年PCを新調した際に(2011年11月21日参照)、そちらのマシーンには当時の最新の一太郎をインストール。それに付属するATOKで知ったのですが、今のATOKはネット経由で辞書を共有出来るとな...。常にシステムを最新にしているワケではないので、いつの間にかこんな事が出来るように。何だか浦島太郎の気分。

 ならばと、初めて購入した新品ノートPC(2012年2月11日参照)。これにATOKを導入し、辞書を共有。つまりインストールしたら、今までの辞書が即使えるってコト。早速用も無いのに「ていほう」と打ち込んでみると、ちゃんと「啼鵬」と変換。うぉ!すげぇ~。

 と喜んではいるものの、私のように保守的な考え方のPCユーザーは、ネット上に個人情報を置く事に、非常に抵抗があり、近年流行っているネット・ディスク。あれも言い方を変えれば、何らかの不具合がおきて、情報流出なんて事にもなりかねませぬ。それが自分のせいだったら仕方ありませんが、そうでない場合など、悔やんでも悔やみきれません。

 まぁ、辞書くらいはいいかぁ。

« 峰音・星野音楽教室発表会 | トップページ | 隠れた名作日本語FEP【Katana】 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

iPhoneのバックアップなんかも、ネット経由で(多分)アップルのサーバーに毎晩バックアップされてます。
まぁ、おいらの個人情報なんてたいした事ないので、漏洩しても(俺には)特に被害がないはずですが、不気味に思うユーザーはいっぱい居るでしょうね。

> 中村屋@鳥取さん
 いやいや、鳥取の音楽事情などが漏洩したら、そこにつけ込む企業があるかも!? 下手すればその企業の株価を左右するくらいの(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ATOK2012導入:

« 峰音・星野音楽教室発表会 | トップページ | 隠れた名作日本語FEP【Katana】 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ