最近のトラックバック

« ATOK2012導入 | トップページ | 東京医科大本学へ »

2012年5月16日 (水)

隠れた名作日本語FEP【Katana】

 日本語入力の話ついで。ATOKを四半世紀以上も使っていると豪語し、いかにも「これが一番!」みたいな発言をしましたが、それはあくまでデスクトップやノートPCでの話。実のところモバイル・ヲタクの中では、もっと優れたFEPがあります。

 まぁ、今となっては、ATOKやMS IMEの他に何かあんの?と思われるかも知れませぬ。無理もないでしょう。実際には結構あるのですが、メジャーだったWXシリーズも、現行OSで動作はするものの、どれくらいのユーザーがいるか...。VJEや松茸なんかも懐かしい。

Katana200lx_2 モバイル・ヲタクのテーホーが、

未だに最高の日本語FEPを賞するのがコレ。

ワープロ・ソフト「Newオーロラエース」に付属していた、

Katana(刀)というもの。Ver.4.0。当然このワープロ・ソフトを使うためのものなので、こいつをインストールすれば自動的に使えます。...って、DOS/V時代のハナシ。IBM DOS バージョン J5.0V以降の。

 んで、問題はここから。このFEPだけを写真の名機HP200LXに導入。元々こっちには、日本語化した際に、前述のWXシリーズのWX IIが入っているのですが、これは少々荷が重く、変換ももっさりしております。しかしこのKatanaにすると、まるで違うマシーンに導入したかのように、サクサクと。インストール後、初めて文章を打ち込んだときは感動しましたよ。

 こうやって限られた性能の中で、いかに効率良く動作させるか。マシーン・スペック?今更この名機のスペックを言う間でもありませんが、乾電池で動くDOSマシーン。疑似マルチ・タスクではありますが、Windowsは3.1ですら走りませぬ。メモリは4MB。GBじゃありませんぜ、4MB。

 まぁ、このオーロラエース自体は、当時「松」や「一太郎」の陰に隠れてはいたものの、独自の機能をもち、意外と好きという方が多かったという話を聞いております。最終形は「オーロラエース95」という、Windows95版。機能制約はあるものの、一応XPやVistaでも動くらしいですが、さすがにユーザーはいないだろうなぁ。

 そうなるとこれもAOTK同様、本体のワープロ・ソフトよりも、FEPの方が一人歩き。HP200LXer(200LXマニアの事)には、未だにKatanaを使っている人もいるでしょう。名作は永遠です。

« ATOK2012導入 | トップページ | 東京医科大本学へ »

コメント

以前はWXユーザーでした。Nifty-Serveの鳥フォーラムで鳥用語(たとえば過眼線とか上嘴とか)の辞書がアップされたりしてたので。
今は微軟の窓にくっついてきたIMEをそのまま使っていますが、その馬鹿加減といったら・・・ほとんど憎悪です。

> ほーほさん
 おぉ、身近にいらっしゃいましたか。そういった専門的な辞書、というのも各FEPのカラーでした。
 それにしてもMS IMEなど、日本人が作っているとは思えないおバカな感じ。あれだったら、中学生の頃にいじっていたワープロ書院の方が全然良かったかも。

平成24年5月現在、オーロラエース95 愛用しています。Windows 7 64ビットでも作動してます。キーアサイン自由に変更できるし、とても軽いワープロです。”ファイルを開く”で出てくるWindowが旧型でちゃち、マウススクロールが利かない(1995年当時には、マウスにスクロールボタンがなかった。フリーソフトの”どこでもホイール”などでスクロールできるようになります)ぐらいが困るくらいですねえ。最近のワープロは、重装備になっているので、ありがたいです。

> オーロラエース95 使っていますよさん
 おぉ!いらっしゃいましたか。近年ソフトウェアは、便利な方向にいけばいく程、重くなっています。初心者向けには必要なのかも知れませんが、ある程度使い慣れた人にとっては、「そこまでしなくても」という部分もありますね。
 それにしても、Windows7(しかも64ビット)でも走るというのもスゴイです。

こんにちは。もう22年くらい前の話になりますが、サムシンンググッド社製の「将軍」というワープロソフトがPC-8801MR,MA,MC専用で出ていました。これは普段のパソコンゲームが2Dフロッピーだったのにたいして2HDで出されていたのであまり普及しなかったと思われるのですが、多機能ワープロで、なんとFEPに「刀(Katana)」が採用されていました。あの8ビットマシンでも刀が動いていたんです。変換キーを押すごとにフロッピーにアクセスしたものの、当時PC-8801MAに標準搭載していたNECの漢字変換よりも変換精度が恐ろしく高く、仰天したことを思い出します。

今、オーロラエース95がほしくてヤフオクなどを探しまわっているのですが、全然見つかりません。見つかったら是非購入したいものです...。

> PC-8801MAの「将軍」さん
 やはりいらっしゃいましたか、刀の使い手! しかもオーロラエース以外にも刀を採用したワープロ・ソフトがあったとは。
 最近ではちょっとご無沙汰なのですが、秋葉原のジャンク街には、「こんなん、誰が使うん」と突っ込みたくなるようなものが山積しています。その宝の山の中に、「オーロラエース95」があったりして!?
 今度行ったら気を付けてみてみましょ。

今でもXPでオーロラエース95使ってます。
7で動くのなら、インストールするかな。

> 秋水さん
 おぉ、今でも! 慣れもあるのでしょうけど、やはり他に乗り換えられない何かがあるのでしょう。メーカーさんは機能をくっつけるだけでなく、特徴ある製品を世に出して欲しいものです。

このページを見て、オーロラエースと刀が欲しくなり、1ヶ月ほど前にようやく手に入れました。が、上手くDOSで起動させることができないまま、現在に至ります(^_^;)
詳細なマニュアルがないのでまだ道のりはながそうです。

> 200lxさん
 ご覧頂き、有り難うございます。私も200LXerをやめて久しいので、導入したときどうしたか、全然覚えていません(涙)。私が出来るくらいなので、全然難しくはないと思うのですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/54728706

この記事へのトラックバック一覧です: 隠れた名作日本語FEP【Katana】:

« ATOK2012導入 | トップページ | 東京医科大本学へ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ