最近のトラックバック

« 祝:旭天鵬優勝! | トップページ | たまにはClassic Friday »

2012年5月24日 (木)

弘前で世界初演

 もう10年以上も前の話。ピアニストの舘野泉先生の招きで、フィンランドに行きました。先生の主宰するオウルンサロ音楽祭に参加するために。そこではPiazzolla作品を演奏しましたが、それ以前にも2台のPianoのためにPiazzolla作品を編曲し、先生が録音したCDが世界発売されるなど、少々のご縁がありました。

 今回、Pianoの左手とViolinのための委嘱作品を受け、その初演を弘前で行う事になったので、聞きに行って参りました。

Ouhonsen 普通に経路検索をすると、

空路の方が先に出てきたりもするのですが、

私は陸路で。

新青森まで新幹線で行き、この奥羽本線の列車に乗りました。車内には数字に対応した料金表が!? これ、うちの方を走っているバスと同じ。まさか、区間によってはそういうシステムなのかしら。

Hirosakieki 青森県自体は、

葉加瀬太郎ツアーで

来た事がありますが(2007年8月11日参照)、

弘前は初めて。

この近代的な駅。

そんなに古くはないんだろうな。会場は弘前市民会館。地図で見ると駅からは少し離れていますが、道も簡単で、歩いて行けそうな場所なので、歩く事にしました。

Izumiyanne すると発見。

そう、このコンサートを聞きに行くのですよ。

ちなみに行く事は舘野先生には連絡していなくて、

チケットを問い合わせるために、主催者に電話(しかも携帯番号!)してバレてしまいましたが、どんなに頻繁に演奏さえる名曲でも、「初演」というのは1回しかありませんから、自腹ででも行く価値は十分にあるワケです。

Hirosakijo1 おぉ、1本道を突き当たると、

弘前城のある公園。

時間があったらなぁ、

こういう所も寄りたかったのですが、さすがに無理。また来る機会があるかな。

Hirosakishimin 市民会館に着いてビックリ。

開場時間から30分近く経っていましたが、

まだ開いていないとの事。

私も行列に並びました。後でコンサートMCで舘野先生が仰いましたが、何と飛行機に乗り遅れて会場に到着したのが、開演の40分ほど前。...って、誰かが似たような体験をした気が...!? 尤もアタシの場合は、飛行機が飛び立たなかったんですがね。

 初演も無事終わり、先生とViolin奏者の息子さん、ヤンネさんにご挨拶。ヤンネさんとは、フィンランドで会って以来だったので、とても久しぶり。そのときの彼の演奏を聞いていたので、今回の作品は書きやすかったです。そう、委嘱作品とは誰が演奏する(依頼した)か、というのが重要で、作曲家はそのイメージで書きます。

 ヤンネ舘野さんは現在京都に拠点をおきながら、山形交響楽団のメンバーとしても活動されています。音色が特徴的で、それはVibratoに因るところ。彼の弾く様を、「この音はVibratoをかけないかも知れない」とか想像しながら作曲しました。

 ところで会場で思わぬ再会が!演奏会を聞きに来ていた女性に声をかけられたのですが、何と芸大で同期だったオルガン専攻の水木順子さん。いやぁ、在学中はたいして交流は無かったのですが、覚えていて下さるものなんですねぇ。アタシ、キャンパスではすんげぇ存在感無かったハズなのに。

 弘前まで約6時間半。行った甲斐がありました。演奏会で隣に座った外人さんから「弘前の夜を満喫して下さい」と言われましたが、残念ながら22時発の夜行バスで帰京。是非ともまた来たいものです。

Hirosakishinai2 帰りも駅まで歩きましたが、

行くときは気付かなかったコレ。

オマケ画像。

建物の一部に石とは。

間違いなく2012年に於ける本州最北の旅。

なかなか楽しかったです。

« 祝:旭天鵬優勝! | トップページ | たまにはClassic Friday »

コメント

それをいうなら私こそ○立音大では存在感はなかったですヨ・・・。

火曜日のNHKクローズアップ現代、見られなかったし録画も間に合わずで、
再放送にならないかしらと思っていたら啼鵬さんのblogにお名前が。驚きました。

啼鵬さんの作られた曲を聴いてみたいけれど、演奏を聴いたら涙かもしれません。

おつかれさまでした。
弘前にも足跡つけてきたんですねっhappy01

演奏会の会場で啼鵬さんのことをご紹介されたとも聞きました。
ということは....?
「啼鵬」の名前が弘前の音楽関係者に知れ渡ったということで...
あるいは今度はアチラのアンサンブル関係に呼ばれるとか...??
ひょとして、今度は津軽三味線とバンドネオンのコラボ??

...なんてことが、あったら...いぃですねぇ。

> ゴルゴさん
 それはないだろう。ゴルゴを知らないのはもぐりだって聞いた事があるぞ。

> SSさん
 ヤンネさんからは「チャーミングな曲」を言われました。4曲の組曲です。再演して下さると嬉しいですが...。

> 響酒さん
 そうなんです。演奏直後に作者紹介を受けました。お客さんはたくさんいました。あんなにもたくさんの方に聞いて頂けて、嬉しかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/54790873

この記事へのトラックバック一覧です: 弘前で世界初演:

« 祝:旭天鵬優勝! | トップページ | たまにはClassic Friday »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ