最近のトラックバック

« 自宅プラネタリウム | トップページ | 弘前で世界初演 »

2012年5月22日 (火)

祝:旭天鵬優勝!

 大関が6人もいながら、優勝決定戦は平幕同士。しかも一方は不戦勝で...と、色々物議を醸した平成24年五月場所。勝ち星の記録をのばしていた旭天鵬が、賜杯を手にするという、しかも昭和以降最年長。

 私は当然茨城の力士である大関稀勢の里、前頭筆頭の高安を応援していましたが、大関はホント惜しかった。大関陣では唯一優勝戦線に絡み、最後まで期待していたのですが。しかし、逆にじわじわと着実に強くなっていっている感じで、来場所に期待。

Tenhoyusho そして旭天鵬ですが、

今更言っても遅いですが、

勝ち越した辺りから、

もしや...!?と頭をよぎったりもしていましたねぇ。同期の旭鷲山は引退して久しく、旭天鵬はまだ元気に相撲をとっている!といつも思ったものです。

 実は私、勝手に旭天鵬関には愛着があって、そう、しこ名に私と同じ字があるからです。彼が旭天鵬を襲名したのがいつか分かりませんが、私が啼鵬を名乗り始めたのは高校生のとき。当時は「鵬」の字を説明するのに、「巨人大鵬卵焼き」が通用しそうな世代には、「大鵬の鵬です」と言い、若い人には「旭天鵬の鵬です」と言っていました。幕の内に鵬の字が付く力士が、他にあまり見当たらず、モンゴル人力士として有名になっていた旭天鵬関の名前を、いつも引き合いに。今では横綱白鵬がいますがね。

 外国人力士として、育ってきた国、文化の違いやらで、スタート・ラインから大変なハンディを背負い、とても苦労されてきたと思います。20年かかって手にした賜杯。心からお祝い申し上げます。

« 自宅プラネタリウム | トップページ | 弘前で世界初演 »

コメント

えぇ...この日記から半月以上たった6月上旬の書き込みですが。
この旭天鵬関が6月8日、ウチのしょくばに突然やってきたです。
近所の小学校へ講演に来たとかで、その帰り途中に立ち寄ってくれたとのこと。

実物はすんげぇでっかいです。
迫力違います。
ちょっとコワモテだったけど、そぶりは優しかったです。
あぁいうの、オーラが出ているっていうのかな。

予期せぬ出来事だった分、なんかすんごいラッキーな時間でしたhappy02

> 響酒@ほろほろ酔い機嫌さん
 おっと、そりゃすごい!お相撲さんはみんなでかいですよ。常磐線沿線にも部屋があるので、時々見かけますけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/54777392

この記事へのトラックバック一覧です: 祝:旭天鵬優勝!:

« 自宅プラネタリウム | トップページ | 弘前で世界初演 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ