最近のトラックバック

« 釧路のランチは | トップページ | 釧路の夜は炉端焼き »

2012年6月17日 (日)

釧路湖陵高校器楽部第37回定期演奏会

 本番当日はあいにくの雨。どうやらここ3年、雨なんだそうな。私が前回出演したときは確か晴れていたような...。

 毎年吹奏楽との共演をしていますが、同じバンドに2回呼ばれる事は珍しく、一般バンドではEnsemble Flavia、高校生バンドだと立命館慶祥高校。ただ立命館の場合は、2度目はNAOTO君と一緒でしたので、私ピンだと高校生バンドでは初の2回目の共演。ちなみに我らが名ドラマー齋藤たかし君も2度共演しているそうな。

Koryo37th01んなもんで、

前回作って頂いた私の足台。

これをまた使わせて頂きました。

顧問の先生の奥様の力作。ちょうど良い高さと安定した作りで、とても演奏しやすいです。

Koryo37th04 高校生との共演は久しぶりでしたが、

この学校もスゴイ。

かなり工夫をこらしたステージでした。

ステージ上でのマーチングは、私は舞台袖からしか見ていませんが、なかなかのものでしょう。更には寸劇も。

Koryo37th06 それもダンス有り、

演奏有りのボリューミーなステージ。

無かったのは歌くらいなもんで、

もはやミュージカルと言っても過言でないくらい。今月初めにご一緒した一般バンドEnsemble Virtuoso吹奏楽団もそうでしたが、やはりこの手の視覚的な効果を狙ったステージは、ホント楽しいです。また彼らも相当練習を積んだとみえ、ダンスもなかなかの腕前。赤ずきんちゃんをベースにしたパロディで会場をわかせていました。

Koryo37th02 今回笑えたのがコレ。

通常舞台の後ろは、

通り抜けが出来るのですが、

それは反響板があるときのみ。その壁の後ろを通るときは、客席からは見えませんから。しかし今回第2部と第3部は、照明演出のため、その反響板を廃しました。

Koryo37th05例えばこうして、

星空にしてみたり。

またミラー・ボールも回していたのにはビックリ。

なかなかありませんぜ、高校生の演奏会でミラー・ボールは。まぁ、反響板が無いと、客席への響き方はかなり変わってくるのですが、見た目も大事。

Koryo37th03 そして陰の立て役者。

いや、彼女は司会者なので、

陰ではなく表舞台にも立ったのですが、

湖陵高校放送局の3年生。ウグイス嬢から司会者、そして寸劇の音響まで担当。舞台での私とのやりとりも、ad lib.のきいた鋭い受け答え。なかなかデキる子でした。

 私も今までたくさんの団体と共演してきましたが、ゲスト・ステージが最後の部というのは珍しかったです。たいては真ん中の第2部だったりするのですが。そして今回は長らく吹奏楽と共演していて、滅多にない事がありました。

 共演曲を生徒さんが決める事はよくあるのですが、私のBandoneonがどの部分を弾くかというのも指定され、ある意味編曲を生徒さんがやったのです。一見簡単そうにみえる作業ですが、どのパートを削ってBandoneonにまわすか、というのはなかなかセンスが良くないと出来ませぬ。今回その大役を担った生徒さん、この子もなかなかデキる子でした。また打楽器担当で、叩くDrumsがカッチョイー。先の放送局アナ同様、普段はクールな女子なんですがね。

 アンコールではPianoを弾いたのですが、前奏として釧路湖陵高校の校歌を。しかし殆どの人が気付いていなかったらしい(涙)。まぁ、少々モダンに弾いてしまいましたからね。ちなみに作曲したのは、私の学術上の祖先にあたる信時潔先生。

Koryo37th07 最後に顧問の先生と。

このTシャツは今回の演奏会のために制作。

私もアンコールはコレを着て演奏しました。

先生は齋藤たかし君とも共演しているので、なおてい3分の1と共演って事に。立命館慶祥のなおてい2分の1(NAOTO,啼鵬,たかし)に次いで、なおてい共演率の高い先生。

 顧問の先生、生徒さん、サポートして下さった、ご父兄の皆様、スタッフの皆様、そして雨の中、お越し下さったお客様、本当に有り難うございました。

« 釧路のランチは | トップページ | 釧路の夜は炉端焼き »

コメント

湖陵器楽部3年
フルートでソロを吹いてた
江端真菜です!

今回は共演いただき
ありがとうございました(*^^*)

私の担当して製作したTシャツも
とてもお似合いです♪笑

私はピアノも習っていて
とてもいい刺激になりました。

あと、私のピアノの先生が
啼鵬さんの事を知っているようで…
(木原健太郎さんのお母さんです)

前から共演楽しみでした!

またいつか啼鵬さんの
素敵な演奏を聞かせてください♪

> まなさん
 本当に素晴らしいステージでした。お疲れ様でした。3年間の高校生活の集大成になったかと思います。
 私自身は高校時代に、部活動というのを経験していないので、こうして皆さんが、一丸となってステージを作り上げる、というのが羨ましいです。
 これからも頑張って下さい。それにしても木原さん!時折メールで車の話で盛り上がります。

啼鵬さんのおかげもあり
とても思い出に残りました!!

木原健太郎さんのお母さん
見に来ていましたよ(*^^*)♪笑

> まなさん
 おっと、先生もいらしていましたか。お恥ずかしい...。木原健太郎さんには、本当に良くして頂きました。私が関わったアルバム「be...」は、自分の仕事を振り返らないテーホーにしては、珍しく聞き返している名盤です。
 よろしくお伝え下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/54989858

この記事へのトラックバック一覧です: 釧路湖陵高校器楽部第37回定期演奏会:

« 釧路のランチは | トップページ | 釧路の夜は炉端焼き »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ