最近のトラックバック

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月29日 (金)

線路陥没!

 最近でこそ車で都内に出る事は多くなりましたが、それでも私の上京する際のメインの移動手段は電車。しかも速くて高いつくばエクスプレス(TX)ではなく、周辺駅のパーキングが安く、車内では仕事も出来る(!?)JR常磐線。

Jobankanbotsuそれがこの前ときたら、

線路陥没ですって!

私も高校時代から電車通学を始めて、

何度も電車が不通になる事はありましたが、線路陥没は記憶にありませぬ。TXで振り替え輸送しているって言いますがアータ、土浦駅とTXつくば駅ってどれくらい離れていると思っているんだネ。振り替えって事は、土浦駅~つくば駅の輸送も保証してくれたのかしら。1度だけ土浦駅からつくばセンターまでバスで移動した事ありますが、これまた結構時間とお金がかかる...。

 んで、テーホーはたまたま土浦駅に弟ゴルゴに送ってもらったので、すぐに戻ってきてもらい、再度つくば駅まで送ってもらいました。おかげで仕事には間に合いましたがね。

 そう言えばこのところあまり上京していないくて、久しぶりに電車で行ったりすると、トラブルに遭遇。先日も神田駅での人身事故で山手線、京浜東北線が不通に。その事故、ネット・ニュースにもなっていました。そういう運ってのもあるのかナ。

2012年6月28日 (木)

ついに千葉県店舗進出!

 隣県でありながら、なかなか行く機会のなかった探検隊。

Yamaokakashiwa先日ついに足を運びました。

実のところ、

この国道を通るときには、

いつも目にしていたのですがね。

 今回は思い切ってつけ麺を。いつか記事でも語った事がありましたが、この店の極太麺は、もしやつけ麺ならばイケるのでは?という淡い期待があったからです。

 とは言え、基本的にはここの麺ですからね。「かため」と頼んでも、コシがでるはずがありませぬ。いや、作り手によるか...。そしてスープ。1口飲んで「すっぱ!」。確かにつけ麺のスープは酸味があるものをよく見かけますが、ここまで酸っぱくするのもなぁ。

 ある意味、つけ麺というジャンルを見直す、良いきっかけになりました。これで16店舗制覇!

2012年6月26日 (火)

いつの間にかリピーター

 長野に通って15年近く。長野駅界隈もかなり歩きましたが、それでもまだまだ知らないところはたくさん。まぁ、足繁く通ってはいても、結局は駅と仕事場の往復だけで済んだりって事も多々ありますからね。

 そして毎回悩むのが食事。徒歩圏内は結構制覇しましたが、性格的に美味しい店にいつも通うタチでもありませんし、かと言って毎回冒険する時間もナシ。そして「カレーでも食べたいな」と、別に長野でなくても食べられるものに決める事もしばしば。ちなみに長野にある王子推薦の店は閉店してしまいました(2011年11月7日参照)。

Sarryhunbergcurryんで、結局はよく分かってない店に行くんですが、

この店、気が付くと結構行っています。

まぁ、長野の仕事場に行く途中にあるから、

というのもあるのですが、

実は以前このBlogでも紹介しました(2012年1月8日参照)。そのときは「先割れスプーン」の話題で。

 今回はハンバーグ・カレーとサラダ。ざく切り玉葱が何とも。今回初めてサラダも頼んだのですが、するとフォークが出されました! そもそも先割れスプーンは、「スプーン・フォーク兼用」という大義名分があるハズで、そこにきてフォークはフォークで出されるって事は、つまりカレーを先割れスプーンで食べるという事に、とてもこだわりのある店という推察が生まれます。具の方を強調したいってコトかな。

Shinshuprores さて、店内で目を引くのがこのポスター。

信州プロレスリングだそうな。

しかもこのうたい文句!

「安全第一!台本重視!...」とくれば、

相当面白いリングが観られるに違いありませぬ。しかもサイトを見ると、女子部まである!出場レスラーを見ると、ユニークな名前が多く、また覆面レスラーが目立ちます。どうやらこの店も広告を出しているのですが、まさか店主がレスラーとして出場!?

2012年6月25日 (月)

男なら...!?

 音楽大学はたいてい女子学生の割合が非常に高く、一番男子学生の割合が多いと思われる東京芸術大学でも3分の1もいません。私の学年は254名中73名が男性でした。まぁ、それでも作曲科は男性が多い方でしょう。

 転じて文化系の部活動も、はやり男子学生は少ないでしょうな。私も高校生バンドとの共演も多いですが、おおよそ男子部員がうじゃうじゃいる吹奏楽部なんぞ、お目にかかった事がありませぬ。

Koryochorus 同じ事がコレ。

そう、合唱部だって、

下手すれば吹奏楽部以上に、

男性部員確保が難しいかも知れませぬ。

まぁ、大阪淀川工業高校のような、

そもそもグリークラブ(男性合唱)で、超名門なら別ですがね。

 もうかれこれ何十年も前の話だと思われますが、私が大学で習った先生。某女子校のコーラス部を指導されていました。彼女らは殿方と知り合うきっかけを作りたく、先生に他校との共演で、混声合唱をやりたいと打診。すると先生、彼女らの思惑を察知し、「合唱は同声合唱こそが、美しい響きを成す。オトコをとるか、音楽性をとるか?」と問いただし、崇高な先生の教えを請う彼女達、結局は音楽性をとったそうな。

2012年6月23日 (土)

久しぶりの団内イベント

 高校2年のときから所属している土浦交響楽団。あるときはViola首席奏者や運営委員も務め、そして長らく団内親睦推進委員なるものを担当。年に1度、団内のアンサンブル・コンサートを企画していました。ここ数年やっていなくて、どうやら最後にやったのが2008年だったそうな。そして今年、久しぶりに開催。

Tsoencon2012a 様々な編成のアンサンブルがエントリーしましたが、

今回私がのったのはコレ。

チェロだけのアンサンブル。

実はもう何ヶ月も練習を重ねていて、私も途中から参加しました。J.S.Bachの「ブランデンブルク協奏曲第6番」を演奏。元々は違う編成なのですが、チェロ合奏にすると、とても難しい曲。それでも今出せる満点をみんな出せたかな。

Tsoencon2012b そしてメインは、

佳秋カルテットにも参加していて、

土浦交響楽団のトレーナーもやって下さっている

田代藍さんのSoloで、Mozartの「ロンド」。Violinを学ぶ人なら、必ず弾く曲。今回は伴奏を弦楽合奏に編曲したものを。

 ところでこのアンサンブル・コンサート、気が付くと普段のオケでは弾いていない楽器でエントリーした人が何人も。Fagotto~Violoncello、Violoncello~Guitar、Contrabass~Violoncello、Viola~Contrabass、Contrabass~Mandrin、Contrabass~指揮...。う~む、何となく低音楽器に集中しているような。マルチは低音に多いのかな。

 またこういう機会でもないと取り上げない曲も聞く事が出来、なかなか楽しかったです。団内親睦はなにも飲み会だけにあらず。もっと企画せねば。

2012年6月22日 (金)

釧路ラーメンな夜

 釧路で泊まったホテルには、「釧路ラーメンマップ」なるものがありました。

Kushiroramenmapまたこの地図には載っていない店もたくさん。

どうやら釧路にはラーメン文化があるようで、

「釧路ラーメン」というご当地ラーメンもありました。

 今回の釧路紀行、行けなかったラーメン屋よりも行ったラーメン屋の記事を書くのは先決でしたねぇ...。

Nipponramen1 釧路ラーメンの定義は、

細ちぢれ麺とあっさり醤油スープらしく、

その時点でテーホー好み。

その正統派とでも言いましょうか、案内された店のラーメンはご覧の通り。ちなみに行ったのは、例の岸壁炉端焼き(2012年6月18日参照)の後でしたが、満腹にも関わらず、スルスルと腹におさまりました。

Nipponramen2 この店、

こんな大胆な名前ですが、

正統派の釧路ラーメンを出す店としては、

全然OKでしょう。と言いつつ、気になったのが、メニューにあった「マヨネーズ・ラーメン」。う~む、実力ある故に出せる余裕のメニューか...。

2012年6月21日 (木)

釧路でやり残したこと

 北海道の中で行く機会が多いのは、圧倒的に札幌。他の地域は仕事の巡り合わせがないと、なかなか行く機会がありませぬ。それでもテーホー、北海道は最も訪れている都道府県で、地域で見ても札幌の他、函館、小樽、室蘭、帯広、釧路、中標津、網走(流氷船半袖乗船事件!?)、旭川(旭山動物園で!)と、大きな都市の他、美唄、美幌、新得など、思い出せるだけでも、結構行きましたねぇ。

Yamaokakushiro 今回の釧路。

やり残したのがコレ。

そう、お馴染みのです。

何しろ北海道の店舗は札幌2店舗と帯広と、3つも制覇しておりまする。今後も当然飽くなき追求は続きますが、果たして次に釧路を訪れるのはいつの事やら...。

2012年6月20日 (水)

嵐の中のセッション

 私が出会った人で晴れオトコ、雨オトコ、どちらが多かったと言えば、圧倒的に雨の方が多く、もちろん女性も含めてですが、おおよそ晴れ~の人は今までで1人しか知り合いませなんだ。かく言うテーホーは雨オトコで知られ、取り分け広島のモダンタンゴ五重奏団でご一緒しているGuitar奏者、徳武正和氏とのコンビは最強。野外演奏での豪雨、また彼が東京で行ったリサイタルを私が聴きに行っただけで雨とか、数々の伝説を生みました。

 そして今回、どうやらセッションの親分は雨オトコのようで、グループ内に雨オトコが2人もいれば、ただの雨では済まされませぬ。

Tatsusession1 老舗銀座SWINGでの「たつやせっしょん」。

テーホーはいつも首席こと、

真部裕君と出演する事が多いのですが、

今回は珍しくフロント!?

 池田達也親分とのセッションは2回目。1回目は今年入って早々でした(2012年1月14日参照)。そして気がつくとメンバー中、最年少。そういう状況、久しぶりでしたねぇ。なので発言権も全くナシ。

 お店からは、電車が止まる事が予想されるので、早めに始めて早めに終わる、という指示が出ました。案の定ライブが終わる前から電車は止まり、外も暴風雨!

Tatsusession4 そんな中、

レッスンがキャンセルになったとかで、

かけつけてくれたのがこの方。

今やFlute界を牽引する人気プレイヤー、坂上領さん。彼とは以前1度だけセッションをしていて、萱谷亮一君も交えた「鼓笛てい」というユニットでライブをしました。彼のプレイを聞いていると、まるで喋っているかのように流暢に楽器を操り、恐ろしくテクニックを駆使している部分でも、実にナチュラルな感じに聞こえます。素晴らしいプレイヤーです。

 ところで私は車を立体駐車場に入れたために、出庫したときにカーナビが狂い、散々銀座界隈をグルグル回っただけで済みましたが、お客さんの中には帰宅出来なかった方もおられるのでは...。

 お足元の悪い中(ってレベルぢゃないケド)、また遠方よりお越し下さった皆様、有り難うございました。

2012年6月18日 (月)

釧路の夜は炉端焼き

 今回前々日入りしたので、ここに行けました。期間限定でやっている炉端焼き。

Ganpekirobata4川辺にテントを張り、

その中で炉端焼きをします。

これが何ともスバラシイ。

何で前々日入りで実現したかと言うと、前日はホール練習が入り、その終了時刻を待つと、この炉端焼きが閉店してしまうのです。

Ganpekirobata1果たして入店してみると、

この活気。

このテントの中には、

焼くための食材を売る店が数店。それらは共通の食券で購入出来ます。なのでまず、その食券を購入。そしてお店で焼きたいものを、その金券と交換し、席には炭火焼きが用意されています。

Ganpekirobata2 実は私が前回訪れたときには、

まだこの岸壁炉端焼きは、

やっていなかったらしく、

その後ゲストで訪れた齋藤たかし氏は堪能したとの事。

Ganpekirobata3こんな大きなホッケは、

関東ではなかなか見られませぬ。

もちろん食材が良く、

それらを炭火で焼いて食べるなど、最高の食卓なのですが、各お店で焼きたいものを選んで、というのも楽しい!

 今回の釧路グルメは、昼も夜もクォリティの高いものが揃い、まずいもの探検隊の出番は全くナシ...。

2012年6月17日 (日)

釧路湖陵高校器楽部第37回定期演奏会

 本番当日はあいにくの雨。どうやらここ3年、雨なんだそうな。私が前回出演したときは確か晴れていたような...。

 毎年吹奏楽との共演をしていますが、同じバンドに2回呼ばれる事は珍しく、一般バンドではEnsemble Flavia、高校生バンドだと立命館慶祥高校。ただ立命館の場合は、2度目はNAOTO君と一緒でしたので、私ピンだと高校生バンドでは初の2回目の共演。ちなみに我らが名ドラマー齋藤たかし君も2度共演しているそうな。

Koryo37th01んなもんで、

前回作って頂いた私の足台。

これをまた使わせて頂きました。

顧問の先生の奥様の力作。ちょうど良い高さと安定した作りで、とても演奏しやすいです。

Koryo37th04 高校生との共演は久しぶりでしたが、

この学校もスゴイ。

かなり工夫をこらしたステージでした。

ステージ上でのマーチングは、私は舞台袖からしか見ていませんが、なかなかのものでしょう。更には寸劇も。

Koryo37th06 それもダンス有り、

演奏有りのボリューミーなステージ。

無かったのは歌くらいなもんで、

もはやミュージカルと言っても過言でないくらい。今月初めにご一緒した一般バンドEnsemble Virtuoso吹奏楽団もそうでしたが、やはりこの手の視覚的な効果を狙ったステージは、ホント楽しいです。また彼らも相当練習を積んだとみえ、ダンスもなかなかの腕前。赤ずきんちゃんをベースにしたパロディで会場をわかせていました。

Koryo37th02 今回笑えたのがコレ。

通常舞台の後ろは、

通り抜けが出来るのですが、

それは反響板があるときのみ。その壁の後ろを通るときは、客席からは見えませんから。しかし今回第2部と第3部は、照明演出のため、その反響板を廃しました。

Koryo37th05例えばこうして、

星空にしてみたり。

またミラー・ボールも回していたのにはビックリ。

なかなかありませんぜ、高校生の演奏会でミラー・ボールは。まぁ、反響板が無いと、客席への響き方はかなり変わってくるのですが、見た目も大事。

Koryo37th03 そして陰の立て役者。

いや、彼女は司会者なので、

陰ではなく表舞台にも立ったのですが、

湖陵高校放送局の3年生。ウグイス嬢から司会者、そして寸劇の音響まで担当。舞台での私とのやりとりも、ad lib.のきいた鋭い受け答え。なかなかデキる子でした。

 私も今までたくさんの団体と共演してきましたが、ゲスト・ステージが最後の部というのは珍しかったです。たいては真ん中の第2部だったりするのですが。そして今回は長らく吹奏楽と共演していて、滅多にない事がありました。

 共演曲を生徒さんが決める事はよくあるのですが、私のBandoneonがどの部分を弾くかというのも指定され、ある意味編曲を生徒さんがやったのです。一見簡単そうにみえる作業ですが、どのパートを削ってBandoneonにまわすか、というのはなかなかセンスが良くないと出来ませぬ。今回その大役を担った生徒さん、この子もなかなかデキる子でした。また打楽器担当で、叩くDrumsがカッチョイー。先の放送局アナ同様、普段はクールな女子なんですがね。

 アンコールではPianoを弾いたのですが、前奏として釧路湖陵高校の校歌を。しかし殆どの人が気付いていなかったらしい(涙)。まぁ、少々モダンに弾いてしまいましたからね。ちなみに作曲したのは、私の学術上の祖先にあたる信時潔先生。

Koryo37th07 最後に顧問の先生と。

このTシャツは今回の演奏会のために制作。

私もアンコールはコレを着て演奏しました。

先生は齋藤たかし君とも共演しているので、なおてい3分の1と共演って事に。立命館慶祥のなおてい2分の1(NAOTO,啼鵬,たかし)に次いで、なおてい共演率の高い先生。

 顧問の先生、生徒さん、サポートして下さった、ご父兄の皆様、スタッフの皆様、そして雨の中、お越し下さったお客様、本当に有り難うございました。

2012年6月16日 (土)

釧路のランチは

 通常遠方のバンドとの共演は、本番前日に現地入りするのですが、今回は前々日入りしました。当然現地での食事の回数が多くなるワケで、美味しいモノからまずいモノまで、何に当たるかチョー楽しみ。

8matsukakisoba まず連れて行って頂いたのが、

この牡蠣そば。

同じく釧路湖陵高校の演奏会に、

ゲスト出演した齋藤たかし君も食べたとの事。

 いやコレ、そば好きにはたまらん逸品。まずそば粉が上質で、もし牡蠣でなくてもざるそばで食べても美味しいでしょう。そして大粒の牡蠣。しかもひぃ、ふぅ、みぃ...と、何個食べたかも忘れるくらい、ふんだんに入っております。ぷりぷりした実がたまりませなんだ。

Izumiyahonten2 次に訪れたのが、

ホテルの近くのレストラン。

いわゆる洋食屋さん。

「ママー・スパゲッティ」の看板が!?

入店してみるとかなり流行っているようで、

家族連れからお婆ちゃん達のグループまでたくさん。

Spakatsu目当てはコレ「スパカツ」。

釧路の名物だそうな。

スパゲッティ・ミートソースに、

カツがのっています。いや、スパゲッティとミートソースの間にカツか...。運ばれてきたときには、パチパチと油がはね、作りたてを運んできたダイナミックな感じがしました。

 食べようとして、そう言やミートソースは、衣服を汚さずに食べるのにテクニックを要するもの。デート時に選んではいけないメニューのトップ5に入っていたハズ!? そこは経験豊富なテーホー。...って、デートぢゃないですヨ、無事に綺麗に食べ終えました。

 これだけだと野菜が足らないので、サラダを頼みたかったんですが、値段が¥700! 写真がなかったので分かりませんが、2~3人でシェアするサイズかなと思い、諦めました。ちなみにこのスパカツは¥900。

Izumiyahonten1 そしてオマケ画像。

洋食屋と言えば、

この手のショー・ウィンドウは必須科目。

こういうサンプルを飾っていない洋食屋など、真のジャパニーズ洋食レストランとは言えませぬ。お約束の宙に浮いたフォーク。ちゃんとスパカツも美味しそうに作られておりまする。 

 前回釧路に来たときには食べられなかったスパカツ。いやぁ、これ1つだけでも釧路を堪能致しました。しかしながらショー・ウィンドウ内の隣のミートソースは¥800。¥100の差でカツの他「釧路満喫」という、メンタル面でのプレミアが得られるなど、こりゃミートソースは苦戦を強いられるな。

2012年6月15日 (金)

釧路湿原に参上

 突然ですが今、北海道は釧路市にいます。結局詳細が良く分からなかったので、サイトにはアップする時間がなかったのですが、釧路湖陵高校器楽部の皆さんと共演するためです。実はこの学校、共演するのは2回目です。1回目は2008年6月15日の記事に。

Kushiroshitsugen2 今日現地入りしたのですが、

釧路と言えば湿原。

今回はこの展望台に連れて行って頂きました。

いやはや、ここに立つと自然の素晴らしさを満喫出来ます。いつもは霧がかかったような釧路湿原ですが、今日はよく晴れたので、見晴らしが良かったです。

 ところで今更なんですが、演奏会の告知を。

北海道釧路湖陵高校器楽部

**第37回定期演奏会**

2012年6月17日(日) 18:00開演

釧路市民文化会館 大ホール

一般¥700/高校生以下¥500

 もしお近くの方、お時間がありましたら、是非お越し下さい。共演曲はあ~んな曲やこ~んな曲を!?

Kushiroshitsugen1

2012年6月14日 (木)

退院してタイヤ交換

 代車で遠出するなど少々不安でしたが、初めての道でもありませんし、無事に吉祥寺へ。本当はそのライブの日の15時には修理が上がると言われましたが、その時間はもう会場入りの時刻。なので翌日引き取りに。

Enasaverv503 そして同日タイヤ交換。

何しろそのタイヤ交換をしているときに、

ナットが緩まない事が発覚しましたから(2012年6月11日参照)。

もうタイヤの代金も払ってしまっているし、キャンセルするのも面倒なので、そのまま取り置きという事で、退院後交換してもらいました。

 このHR-Vは来年の1月に車検を迎えますが、前回の車検でタイミング・ベルトを交換しているため、やはり次回の車検も通す事を決意。そのときの記事は「最後の車検」などと書いてしまいましたがね(2011年1月14日参照)。乗り換えるとしてもトーゼン選択肢はHONDA車なワケで、現行車では「今すぐにでも乗りたい!」と思う車種がないので、やはり当分は。

 とは言え最近、FIT RSのハイブリッド版、しかもMT車が発表されました。この勢いでもし、FIT SHUTTLEのスポーツタイプMT仕様など出ようもんなら、すぐに飛びつくかも...。

2012年6月13日 (水)

あっぱれ梅雨晴れ!

 このタイトルのライブにも関わらず、当日はあいにくの雨。もちろん自覚はしております。テーホーは雨オトコですから。

Tsuyubare01 今回は私が最も出演させて頂いているライブハウス、

Star Pine's Cafeの企画で実現したライブでした。

6月11日~13日の3日間と、

25日、26日の2日間に開催。

我々TANGO OGNATは前期中日の12日、

ブラジルで言うところの「恋人の日」に敢行。前後の出演団体が大所帯なので、ステージが拡張されていました。

Tsuyubare08 この空間。

初めてなおていで出演させて頂いた、

1999年のときから、

Piazzollaの音楽が似合う空間だなぁ、と思っていました。オール・ピアソラ・プログラムでようやく実現。没後20年の企画、啼鵬にとっては弦楽合奏団弓組に続き、第二弾となりました。

Tsuyubare07 梅雨晴れでなく、

お足元の悪い中、

そして遠方からもお越し下さった方も、

ご来場頂き、有り難うございました。また次回、レパートリーを増やして臨みたいと思います。没後20年という年のうちに、是非とも。

2012年6月11日 (月)

愛車HR-V緊急入院!?

 来年1月に車検を迎える愛車HONDA HR-V。このご時世、やはりエコカーと呼ばれる、燃費の良い車に乗り換えた方が...、という考えも頭をかすめますが、この種の車としては、決して悪い方ではない燃費のHR-V。このまま乗り続けるのもエコ!として、ではそろそろタイヤを交換しなくてはと思いつき、近所のカー用品店へ。

Autobacshrv 前回交換したのが、

2年以上前(2010年1月3日参照)。

ちょうど商品入れ替えで、

結構安くしてもらいました。しかし...!?

 何とホイールを止めているナットが緩まず、どうやら無理に外したとしても、今度はナットが締められなくなると。しかも其れはディーラーでないと修理は出来ないと言われました。シャフトに関わる修理なので。

Daishaprimera ディーラーに車を預け、

代車に乗って帰って来ました。

して、なんでNISSAN Primera!?

以前もMAZDA Familiaだったり、SUZUKI AERIOだったり。不思議なディーラーだ。

 それにしても翌日は吉祥寺でライブ。それまでには修理は間に合わないので、この車でお出かけ。カーナビも古いし、大丈夫かなぁ。ココストアがHOT SPARだって...。

2012年6月10日 (日)

心に響くのは

 音楽や美術、いわゆる芸術系のものは、その価値付けが難しく、ある人にとってはとても価値あるものでも、またある人にとっては必要が無く、全く価値のないものだったり。また簡単に数値化する事も出来ず、実に曖昧な分野です。

Heeling2012b 私が本格的に「ライブ」というスタイルで、

ステージに立ったのは、

Violinの金髪先生との「なおてい」が初めて。

良くも悪くもライブというのはこういうものだ、という定義のようなものを学びました。そして重要なのがMaster of Ceremony、続に「MC」です。そう、MCをするのかしないのか、も含めて、恐らく演奏以上に重要かと思われます。

 そう言えば昔、全くのClassicのリサイタルなのに、やたら喋る、いや喋りたがる演奏家と共演しました。

 定義はよく知りませんが、私の経験からすると、「リサイタル」とタイトルするものは、たいてい演奏家は喋りません。プログラムが終わって、拍手がたくさんあるときに、ようやく「本日は有り難うございました。盛大な拍手にお応えして、アンコールを~」みたいな事を喋るだけ。

 それを前述の演奏家は、やたら曲間に喋り、しかも曲の解説とか、そういう為になる話系でもなく、下手すればつまらないオヤジギャグとも受け取られかねないような、はっきり言ってつまらないもので、隣で聞いていて辛かったです。

 そういうのを経験すると、すっごく「自戒しなくては」と思わざるを得ませぬ。ムズカシイですよ、MCは。客層(年齢層)、地域性等、お客さんの指向性をきちんと把握しながら話さなくてはならないし。

 やっぱ金髪先生はスゴイなぁ。アタシもまだまだ頑張らにゃ。

2012年6月 8日 (金)

つくばで堂島ロール

 デパート談義でタイムリーな話題。やはりデパートの定義としては「全国百貨店共通商品券」が使える、というのは必須でしょう。ちなみに茨城で使えるのは西武筑波店と水戸京成百貨店のみ。たったの2店というのは少々寂しい。と言いつつ、やはり北関東は皆同じようで栃木も2店、群馬はかろうじて3店。千葉は10店もあるのに...。

Dojimaroll0 その西武筑波店に買い物へ。

本日限定で堂島ロールが売っていました。

このテーホー、

珍しく行列に並びました。

整理券をもらいましたが、この日の正午までが有効期限。って、あれ!? もう12時過ぎているんですケド、もらった時点で。10時開店なんですが、まだ余っていたってコトかしらねぇ。実は覚悟していきました。もし売り切れだったら、OOSAKI病のネタになるし。そう、さすらいのブロガー・テーホーは、常に自分がネタになる事を考えているのですヨ。

 無事堂島ロールをゲットし、そう言えばこのフロアの中華屋さん、行った事なかったなと。ちなみに西武筑波店は、いわゆる「デパ地下」はありません。1階が食品売り場。そして普通の百貨店ならば、1階が化粧品売り場ですが、其れがここでは2階に。全国でも珍しい構造です。またこの「デパ地下がない」という事が、つくばの謎にもなっているんですがね。憶測が憶測を呼び...!?

Suihoro_2 そこで食べたラーメン。

¥441という謎の値段。

¥420に消費税を加算したか!?

そもそも考えてみて下さい。

百貨店に行って、¥500以下で食事など出来ます?まぁ、味もおおよそデパートのレストランの味ではありませぬ。普通の食堂で食べるラーメンですよ。

 先の記事、デパートの定義にもかぶりますが、其れでいくともちろん西武はデパートですが、筑波店に関しては限りなくスーパーに近い。6階のレストランもいくつかつぶれ、残っている店はビミョーだし、映画館もつぶれたまま。各階の品揃えもイマイチ。高級ブランド店も入ってはいますが、其れは其れ。あとの部分は西武の他の店舗と比べると、かなり貧弱と言わざるを得ませぬ。

 同じ建物にはイオンが入っていて、どちらが盛況と言えば、まぁ軍配はイオンだわな。そっちはスーパーだけど。そして同じブロックにはQ'tという、ブランド力は一歩譲るものの、明らかに若者の心をつかんでいるショッピング・センターが。

Dojimaroll2 私の生活スタイルだと、

今回のような特設売り場でもないと、

なかなか西武筑波店には行きませぬ。

近年駐車場も、¥100でも買えば3時間無料という、かなり必死度が伝わってくる西武筑波店。昔は3時間無料だと¥8,000以上買わないと駄目でした。今後の運命やいかに!

2012年6月 7日 (木)

スーパー百貨店

 昔「イトーヨーカドーはデパートか」という論議が啼鵬周辺でおこったのですが、フロアが複数階であること、食品以外の品揃えからして「三越や松坂屋、高島屋や西武と何が違うん?」という結論に。まぁ、かつて土浦には小網屋、土浦京成百貨店、西友、丸井、イトーヨーカドーに加え、駅ビルのWINGなど、デパートと呼ぶに相応しい小売店が目白押し。当然イトーヨーカドーはその規模からして、デパートを名乗るに相応しい。いや、西友はさすがに違うか...。

 そして未だその説に反論する諸君は、コレを見給え。

Hatsudaisuper 自ら百貨店と名乗れば、

当然そう認識されるべきで、

しかも「スーパー」と形容されている!

つまり普通の百貨店よりもパワーアップしているという意味にもとれる。

 入店してみると確かに...。確かにいろんなモノが売っていました。売り場がワン・フロアであっても、内容的には十分デパート、と言いたい、ところ。

2012年6月 6日 (水)

行く前にからっぽ!

 以前バイク用品店だったところ。その前はカー用品店(父はここでカーナビを設置)。その前は...。とにかく最近はスーパーになっていたようで、私はここの立体交差をよく通るので、いつも店の上を通過していたのですが、いつか入ろう、入ろうと思っているうちに...!?

Megumikarappo もうからっぽになっていました。

向かって左の「鉄板ビュッフェ」。

これは食べ放題の店で、

出来た直後に入ろうとしたら、長蛇の列。行列が苦手な私は諦めたのですが、こちらも同じくからっぽ。結局行かなかったので、味の方は分かりませんが、あまり美味しくなくて客が来なくなったのか、それとも大食いの客ばかりで食い尽くされたか...。

 結局行けなかったスーパーですが、想像するに以前このBlogでも紹介したことのある、わくわく広場のような感じかと(2010年8月9日参照)。ちなみにこの店もつぶれましたが。

 この土地、次は何の店になるんでしょ。

2012年6月 5日 (火)

トイレ談義【ヴァント=NDR】

 ギュンター・ヴァント率いる北ドイツ放送交響楽団(NDR-Sinfonieorchester Hamburg)の、2000年来日公演。日本楽壇史に残る名演として名高く、ファンの間では語りぐさになっている、もはや奇跡と言っても良い公演。Schubertの交響曲第8番「未完成」(現在では第7番)と、Brucknerの交響曲第9番という、究極の未完成プログラム。

Wandndrjapan 幸いこうしてライブDVDが入手出来ます。

もちろん実際に生で聞いた方の感動と、

全く同じものが味わえる訳ではありませんが。

恐らくBrucknerフリークに「アナタが聞いた中で、名演を挙げるとすれば?」と問えば、必ず3本指には入るものでしょう。

 さて、その大巨匠の演奏が何故このタイトルに...!? この公演、行った友人の話によると、休憩時間にはオペラシティの男子便所が長蛇の列。おおかた巨匠の演奏に酔いしれようと、開演前に御酒を(かなり)召し上がった方々か...。そもそも男子便所に列が出来る事は珍しく、やはりBrucknerを愛する人は、男性が多いのでしょう。ちなみに私の周りで「アタシBruckner好きよ」という女性は、とんとお目にかかった事がありませぬ。まぁ、小澤=ウィーン・フィルだの、ラトル=ベルリン・フィルならともかく、ヴァント=NDRは女性が1人で、もしくはお友達と行くような印象もありませんが。

 そして列の後ろの方から罵声が!

「はやくしろよぅ。ブルックナー始まっちゃうだろ!」とな。 

 いやはや、10万の大軍でなくても、お手洗いはたくさんあった方が良さそうだわ...。

2012年6月 4日 (月)

トイレ談義【国際会議場】

 いばらき看護の祭典で訪れた国際会議場。

Kokusaibenjo お手洗いに入って驚きました。

この数。

便所で写真なんか撮っていると、

犯罪とも間違えられかねない感じですが、ご覧の通りこときは人はいませぬ。

 昔読んだ雑誌の特集で、三国志の合戦。「10万もの大軍はいったい、どうやって毎日のウ●コの処理をしていたのか?」という記事がありました。発刊当時日本一の競技場だった、横浜国際競技場(7万人収容)を例にとって解説しています。

 何しろ「適当にそこらに穴掘ってやってたんでしょ」なんてレベルの話じゃありません。10万人ですよ。土浦市の人口が12~13万。10万の大軍なんて、果たして本当に...。中国史ではしょっちゅう出てきますけどね。

 話を戻しますが、日本には興行場法というものによって、ある一定以上の面積を持つ興行用施設に設置されるべきトイレの数を定めた法律があるのだそうな。当然男子(大と小)、女子とそれぞれ数が決められ、其れに従って例えば前述の横浜総合国立競技場は、7万人収容に対して男子、女子、障害者用、合計780個のトイレを設置しています。ちなみに東京ドームは5万5千人収容に対して、合計553個。

 これを基準に考えてみると、10万の大軍には最低でも1000個のトイレは必要だろうと。この三国志の時代(200年代)は水洗などありませんから、やはり穴を掘る事になりましょう。大きな川で?まぁ、それも考えられなくはないですが、じゃ10万の大軍の兵糧をどうする、という事も考えれば、水の確保は必須なワケで、やたら...これ以上は書かなくても分かりますよねぇ。

 1個分のトイレ(穴)に1坪の土地と計算しても1000坪。広さもさることながら、用足しをする時間。1人3分としても30万分。1つの便器あたりに換算すると300分。つまり5時間もの間、全部のトイレが空くことなく使われる!! 朝起きて全軍が支度を調えるのに5時間かかるという感じですわ。

 そして雑誌の記事は「では便器を倍にしたら?」と問う。2000坪の土地は有力な陣形を作る事も可能な広さ。そこを便所にする、というのは得策なのか?と。

 ホントのところ、どうだったんでしょう。その雑誌記事も、答えが分からないまま締めています。

2012年6月 3日 (日)

アンサンブル・ヴィルトゥオーゾ吹奏楽団第17回定期演奏会

 2011年最後に書いた作品の世界初演の日を迎えました。

Virt17th33 演奏して下さるのは、

以前にもこのBlogで紹介させて頂いた、

アンサンブル・ヴィルトゥオーゾ吹奏楽団(2012年3月26日参照)。

コンサート・マーチを委嘱されました。コンサートの幕開けとなった拙作。第1部はマーチ特集といった感じのプログラムだったのですが、何と私と同じ誕生日の作曲家の作品も演奏。こりゃ私の経験では初めてかも知れませぬ。

Virt17th13 その誕生日を1日過ぎてしまいましたが、

なんとバンドの人達が皆さんで、

「♪Happy Birth Day~」と歌って下さいました。

こんなに大勢が私のために「Happy Birth Day」を歌って下さったのは、生まれて初めて!おっとこれで今日は人生初が2つも。

Virt17th18 そしてこのバンド、

以前の記事にも書きましたが、

観客動員がもの凄い!

この日も1200ほどの席の9割以上がうまるという、見た目ほぼ満席。老若男女、ホントたくさんの方々にご来場頂きました。つまりそんなにもたくさんの人々に、拙作の世界初演に立ち会って頂いたってワケ。

 そしてその集客力の理由が分かった気がしました。

Virt17th15彼らは技術的にはハイレベルで、

その端正な音作りに感心した話も、

以前の記事で書きましたが、

問題はそのせっかく持ち合わせているハイレベルな演奏力を、どうするかなのです。よくレベルの高いアマチュアの団体にありがちな、「どうだ!オレ達うまいだろ」みたいな印象は微塵も受けず、あくまで彼らは来て下さるお客さん達に楽しんで頂く、というもてなす心があり、更には自分達も本当に楽しんでいる様子が、お客さんにダイレクトに伝わってきます。

Virt17th25 また音楽のみならず、

バンド総動員の振り付けや、

選ばれし精鋭によるダンス。

これがまたスゴイ。いえ、吹奏楽のコンサートで振り付けやダンスなんぞ、これまで数え切れないほど見てきました。珍しくもなんともありません。しかしながら彼らのレベルは中途半端でなく、徹底的にやっています。照れながら間違いつつやったり、なんて事だと、「なんだ、いつものか」と、客にどん引きされる事もしばしばですが、あの揃い具合は、楽器の練習と同じくらい、もしくはそれ以上に練習を積み、相当研究を重ねたに違いありませぬ。

Virt17th26 またこの精鋭による「仮面舞踏会」が圧巻!

切れ味鋭いダンスは、

「実はボク、高校時代はダンス部で、全国いきました」

ってな台詞が出てきそうなくらい。このマンゴー松本も感服致しました。私なんぞ比べる対象ではありませぬ。

Virt17th31 そしてアンコールには私も乱入!?

Bandoneon & Symphonic Bandで、

「情熱大陸」を演奏。

かつて葉加瀬太郎ツアーでは、マンゴー松本のDance Soloもやったこの名曲。あの「仮面舞踏会」を見せられては、ダンスでは太刀打ち出来ませぬ。なのでダンスよりはましなBandoneonで共演。

Kujirasabre 最後にオマケ画像。

彼らに頂いた誕生日プレゼント。

昭島名物クジラの詰め合わせ!?

本当に素晴らしい演奏会をご一緒出来て嬉しかったです。どんな名曲、大曲にも初演は1回しかありませぬ。その世界初演の大役、バンドの皆様、指揮者の中村匠先生、お疲れ様でした。そして大盛況の演奏会、おめでとうございます。

 お客さんの多くはリピーター。単純な言葉かも知れませんが、こんなに楽しい演奏会なら「また行きたい!」ってなりますわな。次回は一観客として行こうかナ。

2012年6月 2日 (土)

Happy Wedding & Birth Day

 ジューン・ブライドとは言ったもの。今年も早速結婚式に出席。

Jinzenkekkon 今年もいくつかの結婚式に

出席する予定なのですが、

今回はその最初。

人前結婚式と呼ばれる、特定の神様ではなく、出席者に認めてもらう式にも出席させて頂きました。

 このカップル、末永く幸せになりますよ!何故って?名曲「愛の挨拶」の作曲者、Edward Elgarの誕生日に挙式ですもん。

 本当におめでとうございます。

2012年6月 1日 (金)

野菜たっぷりタンメン

 今回食べるのが初めてではありませんが、先日ここのトマトらーめんを食べて(2012年5月30日参照)、そう言えばどんなんだっけ?という感じでタンメンを。

Yukimuratanmen デジカメの性能のせいで、

色合いが変なので、

さすがにこれが美味しそう!

と見える方はいらっしゃらないと思いますが、

実は美味しくありません。いや、それは好意的な見方で、食べる人によっては「まずい」と言われるかも知れませぬ。

 何が美味しくないかって、野菜です。タンメンで野菜が美味しくない、と言ったら致命的な欠陥商品ですが、何しろ野菜に味がない!

 いや、百歩譲って野菜本来の味があったとしましょう。その野菜、特に白菜がどう見ても生っぽい。もちろん野菜は生で食べても問題のないものが多いですが、食べながら「もしやこの後、お腹を下すかも」と思いながら食べました。結局大丈夫でしたが。

 炒め物って、料理人の腕前に依存する部分が大きいと思うんですよ。野菜炒めなどはシャキッとした野菜をバリバリ食べるのが良いと思いますが、それが生焼けってのはチョット...。ちなみにスープや麺は及第点。それも逆に不幸な感じだわな。

 そう言えば昔、全く味の無い野菜ののったタンメンを食べました(2009年5月12日参照)。この店は程なくしてつぶれましたが、さすがに今回は小さくないチェーン店。もしつぶれるような事があると、業界では「オイ、○○がつぶれたってか!」みたいな感じでしょう。

 このタンメンが命取りになるとは思えませんが、隣にちょこっと映っている、チビが食べていたお子様ラーメン味噌味の方が美味しかったです。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ