最近のトラックバック

« 追悼:新藤兼人監督 | トップページ | Happy Wedding & Birth Day »

2012年6月 1日 (金)

野菜たっぷりタンメン

 今回食べるのが初めてではありませんが、先日ここのトマトらーめんを食べて(2012年5月30日参照)、そう言えばどんなんだっけ?という感じでタンメンを。

Yukimuratanmen デジカメの性能のせいで、

色合いが変なので、

さすがにこれが美味しそう!

と見える方はいらっしゃらないと思いますが、

実は美味しくありません。いや、それは好意的な見方で、食べる人によっては「まずい」と言われるかも知れませぬ。

 何が美味しくないかって、野菜です。タンメンで野菜が美味しくない、と言ったら致命的な欠陥商品ですが、何しろ野菜に味がない!

 いや、百歩譲って野菜本来の味があったとしましょう。その野菜、特に白菜がどう見ても生っぽい。もちろん野菜は生で食べても問題のないものが多いですが、食べながら「もしやこの後、お腹を下すかも」と思いながら食べました。結局大丈夫でしたが。

 炒め物って、料理人の腕前に依存する部分が大きいと思うんですよ。野菜炒めなどはシャキッとした野菜をバリバリ食べるのが良いと思いますが、それが生焼けってのはチョット...。ちなみにスープや麺は及第点。それも逆に不幸な感じだわな。

 そう言えば昔、全く味の無い野菜ののったタンメンを食べました(2009年5月12日参照)。この店は程なくしてつぶれましたが、さすがに今回は小さくないチェーン店。もしつぶれるような事があると、業界では「オイ、○○がつぶれたってか!」みたいな感じでしょう。

 このタンメンが命取りになるとは思えませんが、隣にちょこっと映っている、チビが食べていたお子様ラーメン味噌味の方が美味しかったです。

« 追悼:新藤兼人監督 | トップページ | Happy Wedding & Birth Day »

コメント

タンメンは野菜が命ですよね!
強火でサッと炒められた野菜が乗っているからこそ美味しいのに・・・残念でしたね。

日付かわって、、、
啼鵬さん、お誕生日おめでとうございます!
39歳ですか! 30代最後の年ですね。
益々、色々な事に刺激を受けつつ私達に素敵な音楽を聴かせて下さい!
まずは、"哲啼的茂樹ツアー"実現を!(笑)

炒めるときに葉から炒めたんでないの?フツーは逆から炒めるけどね。

えっ!? ていほーさん、お誕生日だったんですか。
おめでとうございます^^

> 北海道在住希望さん
 タンメンは決まったレシピがあって、野菜のうま味がちゃんと出るような感じなんですが、これは其れに従っていないのかも知れませんね。

> ゴルゴさん
 それか炒めてないのかも...。

> junkoさん
 バックナンバーで同じ日付を見て下さいな。毎年いろいろと記事を書いていますよ。

ラーメンのチェーン店って、ジツは料理人によって味に差があって然りじゃないかと。
多分、少なくとも一度以上は本部で研修を受けるんでしょうけど...
で、「あの店はチェーン店なのにいい味出してる」って評判はなかなか立たないのに、
その逆はよく聞きます。
しかも、そのチェーン店全てがダメみたいな感じで。

あんましこういう表現でいいのかわからんですが、、
「気合い」とか「気持ち」の入ったモノを出す、ってな根性がないと
世間じゃ受け入れてもらえないのかなぁ...
他山の石ってぇヤツかなぁ。私、なんかちょっとビビってしまうんですがcoldsweats01

> 響酒@二日酔いで禁酒日さん
 確かに。はさみと電子レンジが使えれば、というファミレスならいざ知らず、こういった各店舗で作らなくてはならないものは、味にもブレがありましょう。
 チェーン店てのはある意味、「おいしさ」を求めるよりも、「その店の味」を求める、という色が濃いかと思うんですよ。味自体は80点を出していれば、正直どこでも良いのです。また他の理由では、ポイントがつくからとかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/54853790

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜たっぷりタンメン:

« 追悼:新藤兼人監督 | トップページ | Happy Wedding & Birth Day »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ