最近のトラックバック

« 85周年のカレー | トップページ | インド人とオリンピック観戦 »

2012年8月12日 (日)

お友達が首席代行

 第5回、第6回と、定期演奏会を休んでしまった東京プロムナード・フィルハーモニカー。私はこのオーケストラ、「団友」というポジション。言ってみれば正団員とエキストラの中間ですな。

Tpp7th01このBlogにも何度か登場していますが、

私は毎回楽器を違えて参加。

そして今はVioloncelloで定着している感じです。

今度の定期演奏会には参加出来るので、練習にも時折顔を出しています。

Tpp7th02 この日は正規の首席奏者がお休みなので、

同じ団友の方が代行。

私はその隣の席へ。

専門用語で言うところの「フォアシュピーラー」。もちろん代行ですが。

 このところ、作編曲作業で家にこもりがち。やはりいつぞやのライブMCでも申し上げた通り、テーホーの心休まるときは「楽器を弾いているとき」で、それが仕事であれ、趣味であれ、本番であっても、リハーサルであっても、曲を弾こうがロング・トーンや音階練習であろうが、とにかく楽器で以て音を奏でているときが、一番心地よいとき。

 つかの間の休息という感じでした。

« 85周年のカレー | トップページ | インド人とオリンピック観戦 »

コメント

束の間の休息が“楽器を弾いている時”だなんて…かっこいいですね~。
そう思える程、楽器が生活に占める割合が高いんですね。
羨ましい限りです。

こういった話を聞くと、私には何もない…と自己嫌悪に陥ります(笑)

> 北海道在住希望さん
 いや、生活に占める割合は少なく、頭の中に占める割合が高いってコトかなぁ。生活に占める割合が高かったら、休息ばかり...。

本番でも⁈うらやましいです。
私の場合、練習や適当にいじってる時は、確かに心休まる感じですが、本番特にソロ演奏となるとなかなか楽しくなれません。素人だから当然なのかもしれませんが…。
ていほうさんは昔からずっと何時も、そうだったのでしょうか?

> にこさん
 オーケストラにのるようになってから、ステージでは緊張しなくなりました。たくさんの人に混じって弾く事で、思い切って弾く事が出来るようになったのかと。それからはステージでのSoloでも平常心で弾いています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/55410677

この記事へのトラックバック一覧です: お友達が首席代行:

« 85周年のカレー | トップページ | インド人とオリンピック観戦 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ