最近のトラックバック

« 世界的な観光地は | トップページ | スーツの似合うオトコ »

2012年9月 9日 (日)

我が青春のチャイ5

 仕事の都合で2回分の演奏会を休んでしまった、東京プロムナードフィルハーモニカー。前回出演したのは第4回でした(2011年2月6日参照)。第7回定期で、ようやく復帰。

Tpp7th 今回はBeethovenとTchaikovskyという、

オーケストラの演奏会では、

最も取り上げられている作曲家の曲。

これは世界的な話で、

やはり有名な交響曲は、

この2人に多くあるのでしょう。

 Beethovenの方は「Symphony No.2」(ベト2)。Beethovenの交響曲としては、取り上げられる頻度で言えば少ないです。私はこれまで1度演奏した事があって、そのときも同じ指揮者でした。そしてTchaikovskyの方は「Symphony No.5」(チャイ5)。これはプロ、アマ問わず、最も演奏される交響曲の1つ。Tchaikovskyと言うと、6番の「悲愴」が有名ですが、副題の付いていない5番、加えて4番も演奏される回数はとても多いですね。

Tpp7th04 ベト2もチャイ5も、

前回弾いたときは違う楽器でした。

チャイ5は3回目で、

Viola、Contrabass、そして今回のVioloncello。

 初めて演奏したのが高校3年のときで、多感な時期にこの名曲と過ごせた事は、テーホーの人間形成に関わる、大きな出来事。そして当時並行して制作していた、芸大付属高校の公開実技試験の曲。これはまるでチャイ5をなぞらえたような曲で、今聞いてもどれくらい影響されたかが分かります。ちなみに弦楽器8人による曲で、1st ViolinはNAOTO君が担当。

 ところでこの東京プロムナードフィルの指揮をされている佐藤迪(すすむ)さん。打楽器奏者で私の大先輩なのですが、彼が世界的指揮者、サー・サイモン・ラトルとマブダチというのは、なかなか知られていない事実。「ラトルって誰?」って方、ロンドン五輪をご覧になりました?開会式でオーケストラを指揮していた人です。Mr.ビーンとも共演(笑)。現在ベルリン・フィルの音楽監督という、芸術界の間違いなくトップをいくアーティスト。佐藤さんも私が聞き出してようやく語って下さったのですが、いわゆる「同じ釜の飯を食った仲」。今でも演奏会に行くと「オォ!ススミ(←ススムと言いにくいらしい)」と歓迎してくれるそうです。

 言ってみればラトルに最も近い日本人!?

« 世界的な観光地は | トップページ | スーツの似合うオトコ »

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

> 履歴書の書き方さん
 お褒めの言葉を頂き、恐縮です。文章を書くのは好きなので、今後も精進していきたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/55620199

この記事へのトラックバック一覧です: 我が青春のチャイ5:

« 世界的な観光地は | トップページ | スーツの似合うオトコ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ