最近のトラックバック

« Wayman Tisdaleを偲んで | トップページ | Suica de Tango!? »

2012年10月 3日 (水)

深まる秋に聴く魅惑のタンゴ【A.R.C. en EPOC】

 ミューザ川崎のランチタイム/ナイトタイム・コンサートに出演させて頂くのは、これで3回目。1回目と2回目はTrianguloでの出演でした。今回は主催者の本拠地であるミューザ川崎が、東日本大震災で被災したため、場所を変えての公演です。

Arcmuza7 A.R.C.での出演ですが、

思えば茨城の、

茨城県人による、

茨城のためのTango...ではありませんが、地元での演奏も去る事ながら、こうして県外で演奏するのは嬉しい事です。今回は若手イケメン・ベーシストの倉持敦君をゲストに。

Arcmuza5 何よりも驚いたのは、

車を搬入口につけ、

楽器や衣装などを下ろし、

ドアを開けるとそこは、

奈落でした。

こうしてセリで舞台へ。私も地元つくばノバホールでは、このセリを経験しましたが、それは舞台で使うひな壇などの収納のため。何と搬入して会場入りがこのセリになるとは、全く予想もしていませんでした。

Arcmuza2 会場の収容人数も、

大ホールクラス。

尤もミューザ川崎でやったときも、

Trianguloは900人ものお客さんを目の前にしましたからね。

 今年は残暑がメチャクチャ厳しいために、「深まる秋」という感じがまだありませんが、今日に限っては雨模様なので、世間では少々肌寒い感じ。世間ではね、あくまで。

 お足元の悪い中、たくさんのお客様にお越し頂きました。有り難うございました。

« Wayman Tisdaleを偲んで | トップページ | Suica de Tango!? »

コメント

中原混声合唱団でバスを担当しています。歌うのも聞くのも大好きです。民音タンゴシリーズは欠かさず聞きにいっています。今晩の演奏は本場の演奏と違い、灰汁をそぎ落とした感じで、日本の秋にぴったりかなと思いました。次の機会には服部良一などの和製タンゴを聞いてい見たいと思いました。また、どこかのコンサートでお会いしましょう。

疾走感のあるタンゴ・アン・スカイをYouTubeで聴いてから、アルゼンチンタンゴのコンサートに行ってみたいと思うようになりました。今回は機会を逃してしまいました。聴いてみたかったなぁ。。 演奏会たくさん増やして下さい!! お疲れさまでした。

> 加納芳顕さん
 ご来場有り難うございました。実は正に次のレパートリーは、和製Tangoにしようと、メンバーと話していたところなのです。私もいくつものTangoグループをやってきましたが、このユニットも、これから熟成させていきたいと思います。

> 金木犀さん
 タンゴ・アン・スカイで導入とは、とても珍しいケースかと思います。最近はピアソラから入ってくる方が多いので。
 是非、タンゴ・コンサートにお越し下さい。どこかの会場でお会いしましょう。

4人の方が写真の移りのバランスが良いね・・・。是非茨城でもお願いします。

> ゴルゴさん
 いまやモチ君は埼玉に住んでいるからね。でも茨城出身という括りで、また地元でもライブをやろうかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/55807977

この記事へのトラックバック一覧です: 深まる秋に聴く魅惑のタンゴ【A.R.C. en EPOC】:

« Wayman Tisdaleを偲んで | トップページ | Suica de Tango!? »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ