最近のトラックバック

« つちまる来並 | トップページ | 佳カルとシン様 »

2012年10月22日 (月)

タンメンの食べ方

 テーホーの野菜好きは、恐らく常人の想像の範囲ではありますまい。もはや「好き」ではなく、空気のようなもので、野菜の無い食生活は、音を出さずに音楽をしなさい、と言われるようなもの。変な例えだけど。

 なのでラーメンの中でも「タンメン」が好きなのは必然性。尤も真のタンメン・フリークでもないので、単に野菜がたくさん入っている「野菜ラーメン」でもOKだったりするんですがね。ナニ?タンメンと野菜ラーメンは何が違うって?レシピが違うので、全然別モノです。ちなみにタンメンはその発祥地から、関東圏以外ではレギュラー・メニューとしては見かけない、という話もよく聞きます。

Hamaryutanmen 今回食べたのは、

その発祥地とされる横浜流!?

まぁ、チェーン店なんですがね。

最近寂しい土浦駅ビルの中で食べました。

 いきなり食べ方の説明書が付いていてビックリ。マニュアルを読まないと食べられないくらい、複雑なもんなのか...。もちろん食べる手順ではなく、あれを入れたらイイだの、これを入れたら美味しくなるだのという、人によっては余計なお世話的なもの。

 実のところテーホーは、お店で食べる料理は特別な理由がない限り、デフォルトで食べます。ラーメンにコショーはかけませんし、そばに七味唐辛子もかけません。最近ではコロッケにソースもかけなくなりました。千切りキャベツ?トーゼンそのまま食べますヨ。何もかけずに。

 つまり料理人が出したそのままの味を味わいたいのです。まぁ、コロッケにソースは別として、コショーや七味も好みがあるので、それはそれと思いますが、酢になってくると話が変わってくるでしょ。酸味が加わる事によって明らかに味が変わるし。しかも酸味というのは、食欲を増進させるものなので、ある意味危険な調味料。其れを後からかけるのは、料理人の味を否定しているように思えてならないのです。

 今回の説明書で「酢を入れれば美味しくなる」とあったのですが、だったら調理のときに入れなさい!ってな感じ。んじゃナニかい?最初はあまり美味しくない状態で提供して、お客が勝手に美味しくしろと!?

 んなコトしなくても、十分美味しかったですよコレ。価格ではKing of タンメンにはかないませんでしたが。今は¥550だけど。

« つちまる来並 | トップページ | 佳カルとシン様 »

コメント

啼鵬さん、熱く語ってますね!!(笑)
私は、ラーメンやそばだと途中からコショウや七味をかけて食べてしまいます。
もちろん最初はデフォルトで味わってからですが。
コロッケにソースどころか、マヨネーズまで付けて食べる私って・・・
でもやめられません!(笑)

ていほうさんこんにちは。
私もラーメンにこしょう、コロッケにソースはかけませぬ。
しかし家では味ポンで野菜を食します。
味ポン大好きなので、なんにでもかけちゃいます。
これやめられないです。

私も味ポンですかね~

確かに余計なお世話だよな・・(笑)
お酢を掛けるのは、かなり好みが分かれそう

> 北海道在住希望さん
 マヨネーズこそ魔法の調味料。危険度は高いです。そう言えばアタシは遠ざかっていますが。

> こまこさん
 おぉ、ポン酢フリークですか。実は私もです。以前豚しゃぶ+ごまだれであたった事があったので、しゃぶしゃぶはポン酢以外では食べませんし、和え物もポン酢で味付けが多いですね。

> junkoさん
 ちなみに餃子は、何もつけないか、酢とラー油で食べます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/55951092

この記事へのトラックバック一覧です: タンメンの食べ方:

« つちまる来並 | トップページ | 佳カルとシン様 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ