最近のトラックバック

« 究極のコンパクト・デジカメ | トップページ | Keyboard列伝:pomera DM5 »

2012年10月17日 (水)

便利なのにハズした商品!?

 何のカテゴリーに入れようか迷いましたが、何となくモバイラーが喜びそうな商品なので、このカテゴリーに。この手のものが増えるようでしたら、専用のカテゴリーを作ろうかしらねぇ。

Relet1有名文具メーカーから出ていた、

「RELET」なる商品。

電子マネーの残額が分かるというもの。

確かに電子マネーは、カードタイプのものだと、其れだけでは残額が分かりませぬ。かつてテレホンカードや図書カードがありましたが、あれは使う毎にカードに穴があき、おおよその残度数は分かります。おっと、テレカはなくなったワケじゃありませんが。

 テーホーはよく電車に乗るので、Suicaが必需品。オート・チャージ機能もあるので、残額不足で電車に乗れなかった!何て事はありませんが、Edyだと前回使ったときのレシートがないと、いくら残っているか分かりませぬ。そもそもEdyはあまり使わないのですがね。

Relet2 こうして重ねて、

「OK」ボタンを押すだけで、

残額が分かりまする。

ちなみに最初の写真に写っているケースが付属で、そのケースにはRELETの他にも、カードも入るので、わざわざ重ねる手間もいりません。

 さてこのチョー便利(そう)なグッズですが、現在は製造中止。...って何で?と思うでしょう。モバイル・ヲタクのテーホーが想像するに、コレ馬鹿高いので、たいして売れなかったのでは、と思うんですよ。何しろ定価で税込み¥8,379ですぜ!そこまでして残額を知りたくはない...と思うのはテーホーだけではないハズ。

 考えてもみて下さい。乾電池の残量チェッカーは、今や¥100ショップでも売られています。便利ですが、あれが¥5,000もしたら誰が買うんでしょ。えぇ、えぇ、そりゃ開発費だってバカにならないでしょう。企業ならば利益も出さなきゃならんでしょう。しかし残額が分かる、という機能のみのグッズに、一般人はいくらなら出せるか、というのを考えたときに、八千円はないわな。

 実はこのメーカー、近年テキスト入力しか出来ないマシーンを世に出し、電子文房具史に残る業績をあげたのですが、個人的にはそのマシーンも、高いと思いました。一番のウリは、折りたたみ式のKeyboardが付いていて、タイピングによる文字入力が出来るというもの。

 しかし当時既にネットブックと呼ばれる、小型ノートPCが賑わっていて、それらは5万以下。実売価格では3万以下で手に入る機種もありました。なのに機能的にははるかに劣る(勿論長所もありますが)マシーンが安いネットブックと変わらない値段設定。メールも出来ないし、住所録等PDA機能は無いに等しく(スケジュール管理は出来なくは無い)、文字入力しか出来ないツールがそんなに高いのか!という印象はぬぐえませなんだ。

 ま、それでも実は売れて、その後、後継機種を続々と出すのですが、今回のRELETは残念ながらこれっきり。Suicaの他、Edy、Pasmo、WAON、nanacoに対応。色も写真のシルバーの他、オレンジとホワイトの3色。ボタン型電池2個で動作。アイディアと商品化、必要性と費用対効果、利便性と所有する価値、いろいろ考えなくてはならない商品でした。

 ちなみにテーホーは、ネット・オークションで¥3,000で入手(新品)。それでも高いと思いますが、Blogネタとしては安い方かも知れませぬ!? さてアナタならコレにいくら出せる?

« 究極のコンパクト・デジカメ | トップページ | Keyboard列伝:pomera DM5 »

コメント

その「テキスト入力しか出来ないマシーン」持ってます・・・がほとんど使っていません(笑)。というのは、本体に組み込まれた折りたたみ式のキーボードの奥行きが短くて、タッチタイプ(手元を見ないでタイプする)がうまくできないのです。このキーボードは横二つ折りのため、横幅はけっこうがんばって確保されているのですが、奥行きはマシンの大きさに制約されるので、一つ一つのキーが横長の長方形で、標準的なキーボードに対する横幅の縮小割合と奥行きの縮小割合が違うのです。おそらくこれがうまくタッチタイプできない原因で、私のアタマは「ふつうのキーボードの○割くらいの大きさ」という単純な処理しかしてないので、むしろ横幅をそんなにがんばらないでタテヨコの縮小割合をそろえてくれた方が、タッチタイプで打ちやすかったんじゃないかと思います。外付けキーボードで使おうかしら(意味無え~)・・・定価より全然安く買ったのがせめてもの救いです。

> ほーほさん
 私はよくKeyboard専門店に行くので、様々なタイプを見ております。そのKeyboardのキートップに関しては珍しいものではなく、ほぼ同じ縮尺のKeyboardも普通に売られています。あとは薄型Keyboardの宿命とでも言いましょうか...。
 一度静電容量無接点のKeyboardを使ってみて下さい。私の言うタイピングでエクスタシー!の意味がご理解頂けるかと。
 ちなみにうちのオケの人。Happy Hacking Keyboardの無刻印を使っているマニアがいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/55913613

この記事へのトラックバック一覧です: 便利なのにハズした商品!?:

« 究極のコンパクト・デジカメ | トップページ | Keyboard列伝:pomera DM5 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ