最近のトラックバック

« 二代目継承!? | トップページ | モール505縁日ライブに遭遇 »

2012年10月13日 (土)

大城正司サクソフォーンリサイタル【SAXOCASA Vol.2】

 といぼっくすでご一緒しているSaxophone奏者、大城正司さん。彼が「SAXOCASA」と題して行っているリサイタルシリーズに行って参りました。

Saxocasa2nd 今回一番のウリは、

同じといぼっくすのメンバー、

木ノ脇道元氏の新作。

私も道元さんとは何度も一緒に演奏しているものの、

作品を聞くのは初めて。

とても楽しみに会場へ向かいました。

 まずプログラム冒頭のテレマン作曲「12の幻想曲より」で、このリサイタルに来た甲斐があったと実感。ある意味、今回のプログラムで一番挑戦的な曲でした。

 原曲はFlute Soloですが、これをSoprano Saxで演奏。ヴィヴァルディやバッハほどの一般的知名度はないものの、バロック時代の重要な作曲家。日本にはテレマン協会もあるくらい。当然この時代にはSaxophoneはありません。実は古典の奏法をSaxで行うのは、かなり勇気のいる事で、まずVibratoを基本的にしない、というのはVibratoによってClassicの道が開けたSaxにとっては、楽器の魅力を半減させるようなもの。今宵の大城さんのSoprano Saxは、まるでバロック時代にその楽器が存在したかのような、ナチュラルな演奏でした。

 2曲目はSaxの定番レパートリー、ヴィラ=ロボスの「ファンタジア」。そして3曲目が道元さんの新曲、世界初演。組曲になっていました。彼の作風が自分とかぶる部分もあって、共感出来る部分が多かったです。

 その木ノ脇道元さんと言えば、日本人演奏家の中でも屈指の現代音楽演奏家。もともとFluteという楽器には現代音楽のレパートリーが多いという事も相まって、日本で最も多くの現代音楽作品に関わっているかと思われます。言ってみればこのジャンルの、上から下まで知っているようなもの。そのプレイヤー型作曲家という利点が大きく作用した作品でした。ご本人は「感覚で書いた」と仰っていましたが、その「感覚」がいかに裏打ちされたものかは、聞けば納得です。

 後半はジョリヴェの「幻想即興曲」。彼の作品は重めの曲しか知らなかったのですが、裏切られました。サラッと聞かせて頂き、最後にViolin曲のフランクの「ソナタ」。

 とにかくプログラム構成が内容、バランス共によく、Saxを通しての大城さんの魅力を、余すところなく聞けました。こんなスゴイ人と一緒にユニットが出来るのも、幸せだなぁ。

« 二代目継承!? | トップページ | モール505縁日ライブに遭遇 »

コメント

うーむ、Saxおそるべし!こんなことが行われていたなんて知りませんでした。テレマンの12の幻想曲から新曲の世界初演まで300年をひとまたぎ、しかもフルート曲からヴァイオリン曲からオリジナル曲までやりたい放題!刺激的ですなぁ。Saxって面白そうだなあと思います。
ところでソプラノSaxでのバロック演奏というと、ブランデンブルク協奏曲第2番という珍品があります。オットー・クレンペラーが1946年に録音したもので、トランペットパートをソプラノSaxで吹いています。おそらく他の楽器との音量のバランスと音域の問題でこういうことになったのでしょうが、聞いてみると音がフルートと似ていてほとんど区別がつきません。1932年にアルフレッド・コルトーが指揮をして行ったこの曲の録音ではトランペットが使われているので、何でクレンペラーがわざわざソプラノSaxを使ったのか、実は私にはよくわかりませんが、いずれにしてもSaxがバロック音楽の演奏に使われた、割と早い例なのではないかとは思います。

> ほーほさん
 えぇ!かのクレンペラーが!! それは大変珍しく、貴重だと思います。しかもドイツ系の指揮者が行った事に、とても意味があります。やはりClassicのSaxと言えばフランス、ロシア系が主流ですから。それにしてもその用例は、どのくらいのSax奏者が知っているのか...。
 ちなみに単にSaxと言えばAltoを指すくらいデフォルトです。今でこそSoprano Saxはメジャーですが、曲がっていない故に、明らかに他のSaxと音色が異なるSopranoは、プレイヤーによっても、かなり幅が出ます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/55883750

この記事へのトラックバック一覧です: 大城正司サクソフォーンリサイタル【SAXOCASA Vol.2】:

« 二代目継承!? | トップページ | モール505縁日ライブに遭遇 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ