最近のトラックバック

« 雪騒動から十余日 | トップページ | あみプレミアムアウトレットへ...しかも平日夜 »

2013年1月27日 (日)

Contrabassの立ち位置

 年が明けて初めて参加した土浦交響楽団の練習。今季もContrabassでの参加。

Likehiraiまだ今回契約した指揮者先生は、

いらっしゃっていないのですが、

この日の指揮者を見てビックリ!?

思わず「平井景さんぢゃないですか!」と言いたくなるくらいでした。もちろん全然別人ですが。まぁ、この写真くらい遠巻きだと分かりませんわね。ちなみに声もクリソツ。関西弁ではありませんが、でも雰囲気は激似。今度いらっしゃったときには、ツーショットを撮らせてもらってアップしようかしらねぇ。

 ところで今季の曲。テーホーは既にViolaとVioloncelloでやった事のある曲で、Contrabassでのるのは初めてですが、それを差し引いても、何か違和感が。いや曲ではなく、この日の練習がずっと...!?

 それは配置換えからくるものでした。普段はContrabassの目の前にHorn軍団がいるのですが、この日は試しに指揮者から向かって左側へ(下手側)。普段聞こえている音色が遠くになってしまい、やりやすい、やりにくい、という問題ではなく、感覚が全く違いました。

 ちなみにオーケストラや吹奏楽の配置。オーソドックスな決まった配置はあるものの、指揮者によって(これが一番大きい)、楽団によって、稀に作曲者の指示によって変わります。さすがに1st Violinの位置が変わることはありませんが、その他のパートは適宜。

 Contrabassの場合は私の知る限り3カ所。定番の向かって右側(上手側)、ロシアのオケなどで見かける1st Violinの奥、Wiener PhilharmonikerのNew Year's Concertでご覧になっているかと思います、ステージ最後列のひな壇の上。このひな壇の上というのが、いっぽん君に言わせるとクセモノらしい。

 ひな壇で横1列なので、同じパート同士、本来は皆同じ動きをしなくてはならないのですが、乱れると目立ってしまう。つまり弾けていないのがバレてしまう(!?)と。いっぽん君のようなチョーテクのプレイヤーが言うんだから、よほどだにゃ。アタシはまだ経験がありませんが、もし今後お立ち台でプレイならば、頑張らないと(汗)。

« 雪騒動から十余日 | トップページ | あみプレミアムアウトレットへ...しかも平日夜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/56641812

この記事へのトラックバック一覧です: Contrabassの立ち位置:

« 雪騒動から十余日 | トップページ | あみプレミアムアウトレットへ...しかも平日夜 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ