最近のトラックバック

« 近くにカレー屋さん開店! | トップページ | 最終稽古【弓組第3回公演】 »

2013年1月11日 (金)

久しぶりの第一生命ホール

 2013年初めて訪れたコンサートは、NAOTO君のReversible 2013 -Concert side-でした。

Naotorev2013 場所は勝どきの第一生命ホール。

ここはとても思い出深い場所です。

まぁ、その思い出は別なときに語るとして、

今回のコンサート、

純粋に1観客として行きました。

一番の目当ては滅多に聞く機会のない

Korngoldの弦楽四重奏曲。と言うより「そんなのあったんかい!」って、作者に失礼なくらいですわ。しかも3曲もあるって!

 Korngoldと言えば、「Violin Concerto」が有名で、私もN響アワーで聞いたほか、CDを買ったくらいです。知られたViolin Concertoの中では、最も新しいものになるかと。Stravinskyよりも10年以上あとですからね。

 正直言って「Violin Concerto」以外は、映画音楽の世界でも活躍した...くらいしか知らず、「映画」と聞いただけで、近現代の人でまだ生きているかも、なんて思ったくらいでした。実際にはもう亡くなって50年以上経つんですが。

 NAOTO君もMCで「これがなかなかいい感じの曲」と言った通り、久しぶりにやってみたい、と思った曲でした。この「やってみたい」ってのがちょっと分かり辛いかな。冒頭に演奏されたMozartのK.458「狩」に比べたら、遙かに難解な曲ですし、旋律もつかみにくく、お世辞にもキャッチーな曲とは言い難いでしょう。

 しかしこれがやっている側からすると、面白くてたまらない。それが「室内楽」、取り分け「弦楽四重奏」というジャンルです。まぁ、室内楽に対するテーホーの持論は、いずれ熱く語る事にして、佳秋カルテットのViola奏者として、Chamber Palyerとしてのテーホーの視点では、Korngoldの「String Quartet」は、なかなかの逸品です。

 ってなワケで次は、聞くのではなく、演奏するの方かな、このKorngoldは。恐らく生涯にKorngoldの作品を聞く機会など、二度とないかも知れませんから。あっ、「Violin Concerto」は可能性アリですがね。

« 近くにカレー屋さん開店! | トップページ | 最終稽古【弓組第3回公演】 »

コメント

ていほうさん、こんにちは。
素敵なコンサートだったようですね。
私もこのコンサートが、今年初になるはずでした…インフルエンザになるまでは。
土浦でも、今週あたりから患者が増えているようです。ご家族のみなさんも気をつけて下さい。
本当に残念でした。

素敵な編曲ありがとう。
時間が無く、会えなかったのは残念でした。
明日の本番頑張ってね。

NAOTO

> kanaさん
 おっと、そうでしたか。お大事になさって下さい。

> ぽっぱぁさんさん
 そうなのよ、翌日は午前中からお稽古だったので、早く帰らなくてはいけなかった。すまぬ。次はAlbanbergの四重奏をやって下さい。

昨日来てたのですね!
とても素敵なコンサートでした♪
やはり音楽を生で聴くって素晴らしい事ですね、心に響きました。
次回は啼鵬さんも参加だと嬉しいです。(NAOTOさん、よろしく!!)

明日の本番、頑張って下さい!
色々気になるのですが・・・行けない。。(涙)

> 北海道在住希望さん
 あくまでお客さんとしてです。
 あの弦楽四重奏団は「イケメン」がコンセプト。あたしゃ無理っすよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/56520206

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの第一生命ホール:

« 近くにカレー屋さん開店! | トップページ | 最終稽古【弓組第3回公演】 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ