最近のトラックバック

« 哀愁のリベルタンゴ | トップページ | 麺類ハシゴ »

2013年2月 8日 (金)

Sonor C.E.東海大会へ

 今の時期、吹奏楽関係者は熱い冬を過ごしている事でしょう。地域によって日程が異なりますが、アンサンブル・コンテストのシーズン。私が関わっている長野県は飯田市のSonor Clarinet Ensemble(S.C.E.)も、先日長野県大会を見事1位通過。

Encon2013sonor東海大会に向けて、

準備に余念がありませぬ。

そしてこの日はアタシがレッスンに。

何故って?

今回S.C.E.は拙作「Modern Czardas」で

出場しているのです。

 「Czardas」はVittorio Monti作の有名曲。Violinで演奏される事が多く、名曲コンサートと題すれば、必ずプログラムに入るような曲。そもそも「Czardas」というのは、ハンガリーの舞曲の名称。つまりはジャンル名という事です。ってことは曲名に「Jazz」とか「Tango」って付けた感覚でしょう。

 拙作「Modern Czardas」は、その「Czardas」の定義、スタイルを踏まえ、モダンに味付けしたオリジナル作品。元々Saxophone Quartetに書いたもので、今となっては幻の音楽祭、福島県は原町市(現南相馬市)で行われた「ホースピア音楽祭」の委嘱作品でした。

 今回はClarinet Sextetに編曲。以前にもClarinet版に焼き直した事がありましたが、編成も違ったので、また新たに書き下ろしました。

 この曲がアンコン東海大会で奏されるのは、1998年のNagano Saxophone Quartet以来。オリンピックの年かぁ...。長野バンドネオン倶楽部も始動して間もない頃ですし、この頃から既に、長野県ではいろいろ活動していたんだなぁ。

 S.C.E.には是非とも上の大会へ進出して欲しいものです。

« 哀愁のリベルタンゴ | トップページ | 麺類ハシゴ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/56725144

この記事へのトラックバック一覧です: Sonor C.E.東海大会へ:

« 哀愁のリベルタンゴ | トップページ | 麺類ハシゴ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ