最近のトラックバック

« 初代デミオ乗車 | トップページ | 代官山のMaestritos »

2013年3月27日 (水)

Deja vu TV RADIO SONGS

 既に先行予約をされた方は手にしているのですが、本日我がアルバム「Deja vu TV RADIO SONG」が発売となりました。

Dejavutvradio  Deja vuシリーズは、

bluesofa Recordsの企画アルバムで、

それぞれのリーダーがコンセプトを以てカバー曲を収録。

今回は第4弾で、啼鵬のカバーしたものはテレビとラジオ。このジャケットも、懐かしい家電が描かれていますが、アタシが子どもの頃のテレビはコレでした。枠は木製。チャンネルはトーゼン回すタイプ。ツマミを速く回し過ぎて壊してしまった事もありました。リモコンが登場するのはもっと後。しかもメーカーによっては別売品だった事も!

 テーホーが「テレビとラジオ」と言えば答えは1つ。その答えがサブ・タイトル「Natural Hearing with Kind」に隠されています。お分かりになります?

 今回アルバムで演奏している楽器は9つ。加えて弦楽合奏団弓組の指揮。参加メンバーもこの弓組の他、Vocalの伊藤大輔さん、Guitarの中村タイチさん、実弟の主宰する佳秋カルテット、弓組ソリストにVioloncelloの江口心一さんと、多彩な顔ぶれ。

 啼鵬にとっては初の単独名義でのアルバムです。アタシの場合、演奏活動もしていますが、仕事としては作編曲が多く、どうしても制作側にまわりがち。しかも特定の事務所に所属していませんし、今後自分の名前を冠にした、もしくはリーダー・アルバムをどれだけ出せるかと言うと、Tango関係で2~3、純音楽関係で2~3、今後担当するかも知れない劇伴関係で2~3といったところでしょうか。

 生涯、決して多くないテーホー・アルバムの処女作。企画を持ってきて下さったbluesofaありがとう!そしてアルバムを聴いて下さった方にアリガトウ

« 初代デミオ乗車 | トップページ | 代官山のMaestritos »

コメント

1曲目で啼鵬ワールドに引き込まれ、アダージョト短調でなんとも切なくなり、
晴れたらいいねの最後、テンポが早くなるところでニヤっと学生時代の朝を思い出し、
ダイジョウブ、でほっとし、along with youの録音に涙しました。
ちいさいころの様々な記憶が脳裏を過ぎていきました。

みなさんの演奏している姿が目に浮かぶようです。
発売おめでとうございます!

> みやまさん
 聞いて頂き、有り難うございます。ある意味、啼鵬の生い立ちを知る事の出来る盤かも知れません(笑)。「along with you」も、ようやく録音にこぎ着けました。これからもまた一緒に演奏しましょう。

ていほうさん、こんにちは!

アルバムの発売、おめでとうございます。
(発売前からサブ・タイトルは察しておりました。)

今まさにお昼ご飯を食べながら拝聴しております。

同じ曲でもアレンジや演奏で雰囲気違いますね。

今気づいたのですが、某S○NYのポータブルプレーヤーで
聴いてますが
曲名表示が「alone with you」となっていますdespair
孤独だなんて・・・いやです(笑)
「e」と「g」で大違いですね。

先行で入手して聞き込んでおります。啼鵬さんワールドに引き込まれ日々癒されております。車、電車移動中でも今はどこでも聞けて嬉しい限りです、素敵なCDありがとうございます。

おめでとうございます。
「along with you」が形になったのも嬉しいですね。
ひとまず今回はstringsバージョンだけですが、いつか歌詞ののった歌バージョンや他の編成のものも、何らかの形で発信できたらいいなぁと思います。

ちなみに、あいほんでも曲名表示alone with youなのよね…(-_-)

単独初アルバムリリース、おめでとうございます!
先行で、発売日よりお先に聴かせてもらっていました♪
サブタイトルの意味、ブログを読むまで気がつきませんでした(笑)
YouTubeでの、発売記念コメントも見ましたよ!
TV(&)RADIOの発音がよいところが、ツボでした~(笑)

遅くなりましたが、アルバム発売おめでとうございます♪
もちろん予約して発売日にGETしましたよ!
ライブで聴いた曲達がCDに・・・なんだか素敵です。感慨深いです。
「along with you」が収録されているのも嬉しい!!
もっと違うバージョンもいつか収録を!
で、レコ発ライブはいつですか?(笑)

> 笑猫さん
 やはりお分かりですか!さすがテーホー・マニア(笑)。「alone with you」ねぇ...。外人の発音を聞くと、同じように聞こえるのかも!?

> 隠れファンさん
 ご愛聴、有り難うございます。私が多感な時期(~高校生?)に共感した曲を中心に収録しております。是非テーホー・ワールドをご堪能下さい。

> 組長さん
 いやぁ、ホント大変な録音でした。しかもたくみスタジオでの初録音。マスタリングは世界のSONY Studioですし。
 「along with you」は今後、歌バージョンも残したいですね。

> チエコさん
 実はコメント、変ですよねぇ。アルバム・タイトルは「TV RADIO SONGS」なのに、「TV and RADIO SONGS」と言ってしまいました。気が付いたのは「今です」!

> 北海道在住希望さん
 とうとう「along with you」も円盤に。感無量です。多くの人に聞いて頂きたいですね。
 そしてレコ発も企画したいです。

発売日は長い一日、アルバムを手にしたのは夜でした。少し意外な曲もあり嬉しい驚きで、
初めて聴くのに流し聴きは惜しく遅ればせ乍ら週末に楽しみました。
何故この曲が選ばれたのか知りたい気持ちになったのもいくつか。
自分の心の中の「好きな物箱」のような場所にあるものだから。
ライヴに行けたらわかるかな?と思いつつポータブルプレーヤーと車用のCDに落とし
いつでも聴けます。素敵なアルバムをありがとうございます。

> SSさん
 聞いて頂き、有り難うございます。テレビとラジオ(トーゼンあの局)にくくられた曲たちですが、数ある中で何故あれらの曲なのか。それが啼鵬だからです。PRのコメントでも言っていますが、やはり多感な時期に観た、聴いたものが心に残っているので、選曲の軸になっていますね。

打ち合わせ&ちょっと飲もうと思ってさはん治さんに行ったら佳秋さんにお会いし、即購入しました。
仕事場でかけています。
アコースティックの澄んだ音色がいいですね^^

> かしょうさん
 有り難うございます! 今回は編成も多種多様。アコースティック三昧という感じのアルバムです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/57046744

この記事へのトラックバック一覧です: Deja vu TV RADIO SONGS:

« 初代デミオ乗車 | トップページ | 代官山のMaestritos »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ