最近のトラックバック

« Harmonicaと | トップページ | ケーズデンキ土浦真鍋店 »

2013年3月13日 (水)

オトコの足もと

 インスト系ミュージシャンの話ではよく「機材が~」なんて事を耳にする事もあるでしょう。楽器によっては、楽器そのものよりも、周りを固める機材に、すごくお金をかけるミュージシャンがいるのも事実。Guitarはその最たるモノで、Classic Guitarで生音のみでやっている人ならともかく、Pops系ならば機材関連は必須科目です。

 Pianoも分かれます。Classicの人ならば、会場にあるPianoを弾くだけ。しかしKeyboardをいじる人ならば、逆にそっちの知識をつけないと、やりたい事が表現出来ません。

 さて我がTANGO OGNATにも機材に凝る人が。一本茂樹君です。

1ponset彼の足もとにはコレが。

Contrabassにつないでいるものです。

もちろんこれが無いと、

音が出ないワケではありませんがね。自分の納得する音作りを追求すると、アレもコレもとなっていくのでしょう。しかも新製品やら、人が使っていて良いと分かると、自分でも試したくなるので、この機材が永遠に続く事はありません。

Taromaset 逆に越田太郎丸さんのはコレ。

なんかチョーシンプル。

ある意味悟りの境地ですよ。

左の白いのはチューナーなので、音作りとしては1つしか通していない。「オレはコレ1つで十分だぜ」という、彼のキメ台詞が聞こえてきそうです。

 その白いチューナー。実はスゴイ箱です。何と6本の弦を1度にチューニング出来るのです!どういう事かって?

 6本の弦を1度にジャーンと鳴らすと、この黒い部分に6本分のチューニング・メーターが映ります、所狭しと。写真でも多少分かりますが。すると、どの弦が狂っているかが分かるワケ。それはチョー便利よ。

 とは言え、知らないメーカーなので、どのくらいの精度か分かりませんが。ちなみにチューナーはやはりKORG。世界で初めて針式チューナーを作り、この業界での定番です。YAMAHAのはKORGからのOEM供給です。

« Harmonicaと | トップページ | ケーズデンキ土浦真鍋店 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/56950148

この記事へのトラックバック一覧です: オトコの足もと:

« Harmonicaと | トップページ | ケーズデンキ土浦真鍋店 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ