最近のトラックバック

« 東北でダブル・ヘッダー【福島篇】 | トップページ | タブレット端末入手 »

2013年3月20日 (水)

吉松隆還暦コンサート

 今や存命中としては、最も演奏機会の多い純音楽の作曲家ではないでしょうか。昨年の大河ドラマ「平清盛」の音楽を担当された吉松隆氏。テーホーが出会ったのは、伝説の音楽祭、福島県は原町市(現・南相馬市)でのホースピア音楽祭。第1回のゲストでした。

 またピアニスト舘野泉先生の主宰する、オウルンサロ音楽祭(フィンランド)でも。一緒にレストランでトナカイのステーキを食べたり!

 その後、氏の作品を演奏する機会もあり、アニメ「鉄腕アトム」の音楽担当をされたときは、我らといぼっくすが演奏に携わりました。

 その吉松氏の還暦を祝うコンサート、行って参りました。

Yoshimatsu60作曲家の個展としては、

これほどまで動員出来る方はいないかと。

亡くなられた武満徹とか、

そういった方は別ですケド。

オペラシティのコンサートホールが、

ほぼ満席。

ファンも多いことでしょうけど、やはり目立ったのが業界人。アタシのような三下奴でも分かるくらいのチョー大物の諸先生方やプロデューサー等々。一番驚いたのは前述の「平清盛」で使われた「タルカス」の作曲者、キース・エマーソン氏がいらしていたコト!ミーハーなテーホーは、「おぉ!生キースだ!」と興奮気味。

 ところでテーホーが今回訪れたのは、委嘱作品も受けている舘野泉先生の関係もあったのですが、問題はこのオトコ、小林洋二郎

Yojiroproよーじろーと聞けばピンとくる方。

相当ななおていマニアです。

何しろ第1回なおていライブのときに現れて以来、数々の話題を提供し、もはや伝説の、いや忘れ去られた幻のDrumerです。ちなみに最近の「小林洋二郎」を知っている、という方は、話の輪には加われませぬ。あくまで「よーじろー」。そうそう、某テーマ・パークで出没率が高かったとかね。詳しくはなおていサイトの、これまでなおていをサポートしてきた人々をご覧下され。

 そのよーじろーが、今回「サイバーバード協奏曲」に、準ソリストとして出演。この歴史的瞬間に立ち会わないってのは、よーじろーを語る資格ナシ。チョー楽しみに行きました。何しろ日本を代表するオーケストラ、東京フィルハーモニー交響楽団をバックに叩くワケですから。

 ちなみにソリスト須川展也氏とよーじろーは、アタシの結婚披露パーティーで宴席を同じくしているんですが、んなこたぁ覚えていないだろうなぁ。

« 東北でダブル・ヘッダー【福島篇】 | トップページ | タブレット端末入手 »

コメント

思い起こせば、始めててーほーさんと会ったのは、川崎辺りでのS川さんのコンサートだったでしょうか…
10年以上も前とは、、、
月日が経つのは早いものですな…

> 中村屋@鳥取さん
 懐かしいですなぁ。アタシの駆け出しの頃からのお付き合いですからね。10年どころじゃないですよ。
 なんとか鳥取方面で演奏をしたいと考えております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/56999231

この記事へのトラックバック一覧です: 吉松隆還暦コンサート:

« 東北でダブル・ヘッダー【福島篇】 | トップページ | タブレット端末入手 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ