最近のトラックバック

« 朝日トンネル通過 | トップページ | トンネルを抜けると »

2013年4月10日 (水)

高嶺の花だった車

 先日の「土浦昭和のくるま大集合 Vol.10」(2013年4月7日参照)にも出品されていた車。この車はガキの頃、図鑑でよく見ました。

Showacar13b2000gtその頃は、

この車がどういうものか、

全く分かりませんでした。トーゼンですが。

しかも当時、実車も見る機会はありませなんだ。茨城では。

 トヨタ2000GT。当時のスポーツカーの代表格ですが、1967年登場時の価格が238万円。某車雑誌の企画でやっていましたが、これを当時の大卒初任給を基準に、今の額に換算すると、なんと約1844万5千円! そんなクルマ、今の国産車であるん?と思ってしまうくらいですよ。センチュリーだってそんなにしないし。

 つまりは当時、車自体の位置づけが、今とは全く違っていたってコト。当然価格からくるものですが、昔に比べ、遙かに手の届くものとなった車は、その価値も時代と共に変遷しています。

Showacar13d360今年も出品されていた、

庶民カーの代表選手、

テントウムシ。

この愛らしい風貌は、大変な思いをして買ったお父さん、そして乗ってレジャーに出かける家族の幸せの象徴を今に伝えるものです。

« 朝日トンネル通過 | トップページ | トンネルを抜けると »

コメント

ていほうさんこんにちは。
2000GTってそんなに高かったんですね。知らなかった。
現車は全国で何台あるんでしょうかね?
リトラクタブル・ライトやっぱりスポーツカーって感じで
かっこいいですねぇ。

> こまこさん
 何となく、リトラクタブル・ライトは、スポーツカーの条件のような風にも思っていました。AE86にしろ、ロードスター、NSX、やはりリトラクタブル・ライトでないとね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/57147433

この記事へのトラックバック一覧です: 高嶺の花だった車:

« 朝日トンネル通過 | トップページ | トンネルを抜けると »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ