最近のトラックバック

« 祝:ピアッツァ・アルテ音楽教室25周年 | トップページ | インド人のカレー丼 »

2013年6月11日 (火)

金の納豆

 こんなにスゴイ納豆があったとは! 某社の「金のつぶ」ではありませぬ。そのまま「金の納豆」とも言うべきもの。

Goldnatto1 何しろパッケージがコレ。

金の延べ棒です。

しかも見かけ倒しではなく、

全国納豆鑑評会でも然るべき賞を受賞している、折り紙付き。しかも何と、茨城県のメーカーが製造している商品でした。県外にお住まいに方から頂いたのですが、こんな商品があったとはね。フツーにスーパーに売られているものではないので、知らなかった...。

Goldnatto2 そして「金」なのは、

外見だけではなく、

こうして納豆に金箔が!

金の納豆は伊達ではありませぬ。食べてみると、さすが金の納豆!ってワケではありませんが、何しろ鑑評会での実績のある納豆。豆の美味しさが抜群。

 ところで最近、子どもが喜ぶキャラクターの付いた納豆があります。この納豆も、「こびとづかん」のタカラコガネとのコラボ商品として売り出せないかしらねぇ。子ども達、チョー喜ぶと思うケド。

« 祝:ピアッツァ・アルテ音楽教室25周年 | トップページ | インド人のカレー丼 »

コメント

ていほうさん、こんにちは!

毎朝食べるくらいの納豆好きにはたまらない話題です。

金箔って身体にもよさそうですし
見た目もゴージャスですね。

このあたりでは、販売がないので
インターネットで取り寄せるしかないようですが
特別な日にでも注文したいと思います。
(ちなみに賞味期限はどれくらいですか?)

きっかけはどうであれ、子供たちにも納豆は好きになってもらいたいですね。

> 笑猫さん
 え?納豆の賞味期限...。気にした事はありませぬ。もともと腐っているし(笑)。
 あとは価格でしょうか。普段食べる納豆とは桁が違いますので。

包装も金箔のあしらい具合も高級菓子のようですね。練るのがもったいない。

好みの納豆が生産終了で納豆難民になりました。他のももちろんおいしいです。
が、パックでなく包みで、豆は大粒。手頃な値段。
望みはこれだけですが、地元スーパーでは絶滅です。
   (昔ながらの風情を売りにした高級包み納豆はありますが)

納豆の種類が増えて売り場は賑やかになりましたが個人的にはさみしい変化です。

> SSさん
 それは寂しいですね。茨城は消費量こそ他県に譲るものの、納豆は文化です。知っている銘柄よりも、見た事も聞いた事もない銘柄の方が圧倒的に多く、そうなると逆に定番商品ばかり食べたりしますね。

コレはすごい!初めて知りました。笠間焼きの納豆専用鉢と練り棒を使い、300回かき混ぜるくらいのお作法を踏んで食べたいですね。

> ほーほさん
 そうそう、こうなると器もそれなりの格式高いものを使わないと。そして作法も!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/57572621

この記事へのトラックバック一覧です: 金の納豆:

« 祝:ピアッツァ・アルテ音楽教室25周年 | トップページ | インド人のカレー丼 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ