最近のトラックバック

« Piece of Cake&松本兄弟 | トップページ | たとえ水の中 »

2013年6月30日 (日)

王子来水

 この公演のチラシを見たのは帯広でした。王子とモスクワ・フィル。して、よくよく調べたら、何と水戸公演もあるではないか!

Oujimoscow 王子が御来水下さるのに、

出迎えないワケにはいかぬ。

しかもモスクワ・フィルと言えば、

かつてテレビ朝日開局45周年記念ドラマ

「流転の王妃」のときに、

録音させて頂いたオーケストラ。葉加瀬太郎さんと共にモスクワに赴き、チャイコフスキー・コンクールの行われている音楽院のホールで、彼らと仕事をしました。尤も、そのときのメンバーが、今回の来日公演にどれだけ居るかは分かりませんが。

Mitokenbun 会場の県民文化センターは、

東日本大震災後、

かなりの間使えませんでした。

私も吹奏楽コンクール以来かな、行くのは。被災後は初めてです。今年になって王子の演奏を聞くのは2回目。1回目は今年の1月に(2013年1月19日参照)。

Kiyomoscow2 楽屋に行くと歓迎されました。

半袖でない事に驚かれましたが、

夜の演奏会はフォーマルな場。

そんな場所にジーパン&Tシャツで行くような、

礼儀知らずじゃありませんぜ、テーホーは。

アタシが重んじるのは「スタイル」。勘違いされてんだろうな、テーホーはどこにでも半袖で行くと。ちなみに勤務している看護学校の生徒は、スーツ姿のテーホーしか知りませんよ。

 さて、話はコンサート。モスクワ・フィルの今回の来日公演では、王子を含む数人のソリストが共演。公演地によってプログラムが変わります。王子はTschaikovskyの協奏曲を。

 王子と何度も共演しているアタシがみるに、彼の最大の持ち味は、その繊細なタッチによる、音色の百変化。例えばテーホーが10回Pianoを弾いたら、1回くらいは良い音が出せるかも知れないけど、王子が10回弾けば、10種類の良い音が出せるってワケ。

 それからするとロマン派以降の、割と大きな編成のオケを相手にした協奏曲は、あまり王子向きではないかも知れない。しかしながら、Cadenzで1人で弾くところや、2楽章のオケの静かなところなど、彼の素晴らしいタッチによる百変化の音色が、遺憾なく発揮されていました。

 残念な事は、県民文化センターが恐ろしくデッドで、残響が無いに等しい...。自分も大昔、茨城交響楽団のエキストラで舞台を踏みましたが、「こんなにデッドだったかなぁ」と思ったほど。どうやら舞台上では響いて聞こえ、実際に客席ではダメなようです。

 幸いアタシは前から2列目だったので、王子とは会話の出来るくらいの距離。舞台は見にくいですが、王子のタッチの繊細さは伝わりました。でも後ろの方の席にはどうだったかね。

 さすがに今年はもう、茨城では王子と会えないかな。フラッと遊びに来たら、美味しいものでも食べに連れて行くケド。あ、まずいものでもいいね。去年一緒にまずいもの食べた仲だし(2012年7月14日参照)。

« Piece of Cake&松本兄弟 | トップページ | たとえ水の中 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/57700171

この記事へのトラックバック一覧です: 王子来水:

« Piece of Cake&松本兄弟 | トップページ | たとえ水の中 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ