最近のトラックバック

« 日曜日のNHK | トップページ | いばらき総文2014:第2回実行委員会 »

2013年6月17日 (月)

悪口事典

 スゴイ本があったものです。「名曲悪口事典」。Beethoven以降の40人以上もの作曲家に対する、悪口を集めた本。もちろんそれらは、著者が言いたい放題に書き殴ったものではなく、きちんと何年何月何日に、何々誌に掲載された、何の何某氏による批評という風に、様々な地域、時代、評論家の言をまとめたものです。

Warukuchijiten事典と称するほど分厚く、

1人の作曲家に対して、

何人もの評論家先生の苦言が掲載。

アタシのような作曲家の端くれから見たら、神様のような先人が、糞味噌に言われています。

 まぁ、芸術家たるものは、少なからず作品に対して批判を受けるものです。露出度が高い有名な人ほど、それは顕著でしょう。テーホーのような吹けば飛ぶような無名人でさえ、やはり批判は受けます。

 その批判も様々。「あぁ、ヤッパシ...」と言うような、的を射たものから、「そもそもこの人、何言ってんだ?」という、意味不明なものまで。ま、いちいち気にしていたら次の曲が出来ませぬ。

 ところでこの本、翻訳をされている方の中に、同級生の名前がありました。栗原詩子さん。楽理科だった彼女は、私と同じクラスを受講していたりで、接触はあったのですが、恐らく覚えていないだろうなぁ。

 この年になると、ご無沙汰している同級生の活躍を目にするのは、嬉しいものです。

« 日曜日のNHK | トップページ | いばらき総文2014:第2回実行委員会 »

コメント

この本、さっそく図書館で予約しました。今日は楽理科の別の同期生(啼鵬さんご存知の)の特別講座があるので行ってきます。

> 爪哇楽士さん
 気になりましたか、この本。音楽を少し掘り下げるに、とても興味深い本です。
 去年はOrgan専攻の同級生との再会がありました。またこれからも同級生に会えるかしら。

どのような批評をされているのか、非常に興味深いですね。。買ってみます。

> お染。さん
 その殆どは「理解出来ない」とか「聞いている間、苦痛だった」とか、そういう感じです。ただ訳本なので、日本語的にはちょっと読みにくい文もありました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/57613909

この記事へのトラックバック一覧です: 悪口事典:

« 日曜日のNHK | トップページ | いばらき総文2014:第2回実行委員会 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ