最近のトラックバック

« 悪口事典 | トップページ | ハイブリッド麺 »

2013年6月19日 (水)

いばらき総文2014:第2回実行委員会

 高校生の文化版インターハイとも言える、全国高校総合文化祭。来年は茨城が開催地。関係者は何年も前から準備に取りかかるわけですが、実は私も関わっていまして、公募されたイメージ・ソングの編曲を仰せつかりました。

Sobun2014 昨日第2回実行委員会が開かれ、

記者会見上で、

そのイメージ・ソングが披露されました。

いくつかのバージョン(編成)を編曲しているのですが、

今回披露されたのは、

混声合唱版。歌うは名門土浦第二高等学校合唱部。

 茨城の県立高校はナンバー・スクールで、二高系は女子校です。しかし前世紀末に共学化。今ではほぼ6:4の割合で男子学生もいるそうな。え?どっちが6かって?女子です、6は。

 その合唱部は県内は元より、全国大会にも頻繁に出場。合唱関係者の間では知られた存在。また音楽科が無いにも関わらず、卒業して音大に進学する生徒も少なくないです。ちなみに我がタンゴ・ユニットA.R.C.の歌姫山下亮江さんも二高出身。

 公募によって選ばれたイメージ・ソングは、作詞作曲とも、高校生の手によるもの。他県では重厚なバラード調が多い中、高校生らしいはつらつとした曲調です。編曲のし甲斐がありました。披露の模様はこちらから。

« 悪口事典 | トップページ | ハイブリッド麺 »

コメント

とても惜しいことに、今年、娘が参加するのがこの大会ではないかと・・・長崎ですよね。次年度大会の予選は来年1月。出られたら茨城まで見に行きます。

> SSさん
 そうです。今年は長崎です。私の指導している合同弦楽合奏も、長崎へ行きます。
 是非とも茨城に来られますよう、お祈りしております。

イメージソングを作曲した小瀬です。本物です。
当日の実行委員会で合唱を聞かせていただきました。すばらしいアレンジありがとうございます。
僕のつくったメロディーがほとんどそのまま残っていたのでけっこう恥ずかしかったですが、合唱と啼鵬さんのアレンジですっ飛びました。
こんなところでお礼をいうのもなんですが、ぜひともお礼を言いたくてコメントさせていただきました。
遅ればせながら、素晴らしい編曲をしてくださって本当にありがとうございます。

> slapさん
 おっと、ご本人様でしたか。本来ならば、編曲する前にお会いして、打ち合わせなどをしなくてはならなかったのかも知れませんが、私の編曲家としてのミッションは、「原曲の良さをそのままに、魅力を最大限に引き出す」というものです。slapさんのお書きになった旋律は、とてもストレートに、若者の心を表現していると思いました。
 先日は別の編成を担当する学校に行って参りました。録音が楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/57622849

この記事へのトラックバック一覧です: いばらき総文2014:第2回実行委員会:

« 悪口事典 | トップページ | ハイブリッド麺 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ