最近のトラックバック

« 検証【其ノ九】ショーゲキの不味さ | トップページ | 新境地へ »

2013年7月30日 (火)

消えゆくメディア【8mm/Hi8】

 我が家のAudio Visualの歴史は、SONYと共にあった、と言っても過言では無く、まず家庭用ビデオカメラは、オートフォーカスになった直後に購入。CCD-V8AFというもの。当時はVHSとβの戦争はとうに終わっていて、ビデオカメラの8mmかVHS-Cかという対決に。うちは既にSANYO製のβビデオデッキを持っていましたが(2008年12月10日参照)、カメラはSONYという事で、この機種を。買ったのはカトーデンキ。今のK'sです。

 とは言え、ビデオカメラで撮影したものと、テレビ番組を録画・再生するものは、別々に考えていたので、当時も相変わらずSANYOのβは使っていましたが、世の波には勝てず、VHSのデッキも並行して使っていました。

 そして何を思ったのか、テレビ番組関係も8mmに集約する環境を作り、結構この時代を長く過ごしました。実際にはこうする事によって、テープの収納がとても楽になりましたけどね。

Sony8mm そして久しぶりに、

この8mmのデッキを引っ張り出し、

「そう言えばアレを見よう...」と。

すると電源が入らん! このデッキは使えないのかぁ。

 思えば8mmを再生するマシーンを確保する名目で、オークションで落としたデッキ。結局殆ど使う事は無かったのですが、こうして使いたいときには役立たず...。無理もありませぬ。オークションで購入した時点で、既に中古だったのですから。

 実家にはまだ稼働する8mmデッキがあるかしらねぇ。何しろライブラリもかなりあるし。お金を出せばDVDに焼いてくれたりというサービスがあるのは知っていますが、さすがに我がライブラリを全て変換なんてったら、相当な額になってしまいます。

 それでもせめて、自分が出演した番組等、これからも残しておきたいものは何とかしなくては。8mmデッキも、もう新品では手に入れるのも難しいだろうし。

« 検証【其ノ九】ショーゲキの不味さ | トップページ | 新境地へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/57897027

この記事へのトラックバック一覧です: 消えゆくメディア【8mm/Hi8】:

« 検証【其ノ九】ショーゲキの不味さ | トップページ | 新境地へ »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ