最近のトラックバック

« たとえ水の中 | トップページ | 久しぶりの認定メニュー »

2013年7月 2日 (火)

大関御用達中華

 今「優勝」という文字に最も近い日本人力士、と言えばやはり稀勢の里と答える人が大半でしょう。我が茨城の誇る郷士力士、大関稀勢の里。横綱白鵬の連勝記録を止め、先場所も全勝で横綱と優勝争いを。残念ながら逃してしまいましたが、茨城県民でなくとも、来場所に期待するファンは多いハズ。

Koushitei1 その稀勢の里関も来店する、

と言われる中華屋さんに行ってきました。

ローカル・ニュースで紹介されたときは、

今回「優勝おめでとう!」の幕を用意していたが、

掛ける事はなく、

次回にとっておくといった話をしていました。店内には来店したときの写真も飾ってありました。

 実はこの店、思い出があります。まだテーホーが大学を出て間もない頃、仕事で訪れた事がありました。地元団体のパーティー演奏。楽器はViolaで、弦楽四重奏での仕事でした。しかも事もあろうか、12月24日のクリスマス・イブ。

 この種の仕事は、「ではご歓談下さい」といった司会者の台詞の後に、BGMとして演奏する事が多く、まず以て聞いている人は殆どいませぬ。この日もそうでしたが、お子さんが何人か居て、音楽に合わせて踊ったりしていました。それが一番印象的だったかしらね。当時の日記を読み返すと、時間がおしたために、用意した曲は全部やらず、30~40分で終えた、とありました。ま、これもいつものコト。

 演奏家にも食事が用意されていましたが、そのお店の中華。なかなか美味しかった記憶があります。ギャラも音大を出たばかりの駆け出しミュージシャンにしては、割と良かったですね。と、日記に書いてありました。

Koushitei2 結局それからこの店に行く事はなく、

およそ16年ぶりに訪れた事になりますな。

稀勢の里関が優勝したら、

セールじゃないですけど、

特別メニューを安く出したりしないかしら。

そしてもし横綱昇進なんて事になったら、稀勢の里プロデュースのメニューが出来たりして!?

« たとえ水の中 | トップページ | 久しぶりの認定メニュー »

コメント

いよいよですね。
相撲部屋の宿舎が近いので、近所のスーパーでも買い物中のお相撲さんをよく見かけ、
名古屋場所間近を感じています。稀勢の里関によい場所となりますように。

> SSさん
 おぉ、そうですか。私は小柄なので、時折お相撲さんを見かけると、「やっぱデカいなぁ」と思います。
 稀勢の里関、地元では盛り上がっています!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/57713001

この記事へのトラックバック一覧です: 大関御用達中華:

« たとえ水の中 | トップページ | 久しぶりの認定メニュー »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ