最近のトラックバック

« 天才子役現れる | トップページ | 祝:大首相 46th Birthday »

2013年7月14日 (日)

オケ練ダブルヘッダー

 1日に2つのオーケストラの練習に参加するというのは、学生時代を思い出しまする。G大の文化祭「芸術祭」では、オーケストラ・ステージ枠があり、それらを学年オケ、(作曲科による)新曲オケ、声楽科のガラ・コンサートなどで、分け合います。

 テーホーは専らViolaを弾きまくっていましたが、副科でありながら、専攻の学生が少なかった事もあり、引っ張りだこ(ホント!)。準備期間中は、練習も重なったりするので、何時まではこのオケ、何時からはこのオケ、みたいな感じでスケジュールを組んでいました。ちなみに2つどころではありませんでしたが。

 あるときなんぞ、重なる時間帯に2つのオケ練習だったので、半分ずつ出たのですが、後半に行ったオケにはViolaがゼロ。アタシが行った事で拍手までされて歓迎されました。副科なのに...。

Mozreqreh この日は午前中に、

我が土浦交響楽団の練習。

しかも2nd Violinという、

テーホーにしては極めて珍しいケース。というか、初めて! 高校生で入団したときには、1st Violinでしたから。指揮者を見る目線も、初めての角度。

Tpp9threh そして夕方からは、

Violoncelloで参加している、

東京プロムナード・フィルハーモニカー

こちらはつい数年前に亡くなったばかりの作曲家の作品に悪戦苦闘。それこそ芸術祭の新曲オケを思い出しました。

 弾く事もそうですが、移動も大変でした...。

« 天才子役現れる | トップページ | 祝:大首相 46th Birthday »

コメント

東京ブロムナード・フィルハーモニカーは例のティンパニの曲ですか??
チケット取らなくては!
あ、ゲイリーバートンとピアソラのCDは入手いたしました。
これ、すごいくて、いっきに引き込まれてしまいました。
Vib.できたらカッコイイですね。。
師匠の情報、やはり、さすがです。

> みやまさん
 今回のTimpani Concertoは、これを逃すといつ聞けるか分かりません。打楽器界では注目の演奏会だと思います。
 Piazzolla=Burtonは80年代の名演です。TANGO OGNATでもゲストを迎えて再現してみたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/57792139

この記事へのトラックバック一覧です: オケ練ダブルヘッダー:

« 天才子役現れる | トップページ | 祝:大首相 46th Birthday »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ