最近のトラックバック

« 抽選会の苗から | トップページ | オケ練ダブルヘッダー »

2013年7月12日 (金)

天才子役現れる

 少し前にこのBlogでも取り上げた、つくば朝のサロンコンサート(2013年3月15日参照)。今回伺ったのは、記念すべき70回目。プログラムも室内楽からSolo、Operaと、バラエティーに富むものでした。

 興味深かったのは、Brahmsの「Sonata Op.120 No.2」。これは元来Clarinetのために書かれ、後に作曲者自身がViola用にも編曲。と言っても、ClarinetとViolaは音域がほぼ一緒なので、そのまんまです。ちなみにアタシはこういうのを「編曲」とは呼ばず、「移植」とか(厳密には意味が違いますが)「Transcript」と言って、いわゆる創作の入る「編曲」とは区別していますが。

 ClarinetとViola。両方たしなむテーホーは、やはり初めに書かれたClarinet版の方が...と思ってしまいますが、この日の山田圭子さんの演奏。こういうViolaを聞かされると、「やっぱViolaじゃん!」とか思ってしまうほど、彼女の癒やし系Viola(!?)は、とても心地よいものでした。

 そして今回の特記事項は、Pucciniの「蝶々夫人」から「手紙の二重唱」に出演した、子ども役(実際にも子ども)の石原利樹君。オペラなので台詞はもちろん、この役は歌も無いのですが、台詞の無い役こそ、演じるのがムズカシイ!というのは容易に想像がつきまする。この場面は、主人公が「別れたあの人の子が、この子です!」と、まるでどこかのテレビ局の昼ドラ的な場面。そのような状況下、石原君の落ち着いた演技は、賞賛に値しました。つくばに天才子役現れる!ってとこでしょう。

Asacon70th1 朝コンと言えば、

この彩り豊かなプログラム。

もちろん手書きの手作り。

 次回も楽しみです。

« 抽選会の苗から | トップページ | オケ練ダブルヘッダー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/57778518

この記事へのトラックバック一覧です: 天才子役現れる:

« 抽選会の苗から | トップページ | オケ練ダブルヘッダー »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ