最近のトラックバック

« 誰の恋人? | トップページ | 合宿は避暑地で »

2013年8月24日 (土)

土浦音楽院楽友会第4回演奏会

 啼鵬がいわゆる「習い事」として通った、唯一の教室が土浦音楽院。アタシの世代、地域性だと、まず学習塾に通っているという子は殆どいなくて(そもそも学習塾自体が無かった!)、たいがいは何らかの習い事をしていました。しかも1つではなく、2つ以上という子も珍しくありませなんだ。習字、そろばんが上位で、加えて男の子だと剣道、女の子だとバレエかピアノ、といった具合に。

 テーホーの場合は基本、音楽は(あの)父親から教えられたのですが、Violinのみ、外の教室に通っていたというワケ。その土浦音楽院も2009年に50周年を迎え(2009年4月26日参照)、その後は楽友会というOB会のようなもので演奏会を開催。

Gakuyu54th 今年も開催されたのですが、

あいにく仕事と重なり、

リハーサルのみお邪魔しました。

行ってみてびっくり。

このホール、反響板があったんだ...。舞台後方に先が折れた板が立っているのが見えると思いますが、ステージで楽器を演奏する場合、この板があるのと無いのとでは大違い。アタシもガキの頃からこのホールで、おさらい会などに出演してきましたが、初めて見ました。

 来年は出演出来ると良いのですが。

« 誰の恋人? | トップページ | 合宿は避暑地で »

コメント

NAOTOさんに憧れて、今年からバイオリンを始めました。
練習する度に、「幼い頃から習っていればNAOTOさんと共演出来たかも。ていほうさんと御近付きになれたかも( ´艸`)」なんて事を考え、幼少期にバイオリンと縁がなかった事を悔やんでおります。

バイオリンって難しいですね。左手、特に指先に力が入ってしまって何度練習しても上手く弾けません(;´д`)ていほうさんが先生だったら毎日頑張れるのに。

私もいつか、こんなんな素敵な場所で弾いてみたいなぁ…。

なんだかチェロがものすごく充実していますね。見えている6本の奥にも見えるような気がするから7本?みんな頑張ってるな。

> あおいさん
 私の弦楽器の生徒は、大人が多く、始めたのも遅い人が多いです。それでも自分で楽しめるくらいに、皆さん上達しています。「始める」にあたって遅いという事はありません。
 ちなみに先生家業で一番嬉しいのは、生徒が出来なかった事を出来るようにさせる、その術を編み出すとき。それは生徒1人1人、全然違います。生徒の数、出来ない事の数だけ喜びがあるというワケですよ。

> HIROKOさん
 ここでもCello Sectionは相変わらずです。しかも多くはSoloでもエントリーしていて、なんとそれはSoloエントリーの半数です!
 来年は私もSoloエントリーしようかしら。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/58054409

この記事へのトラックバック一覧です: 土浦音楽院楽友会第4回演奏会:

« 誰の恋人? | トップページ | 合宿は避暑地で »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ