最近のトラックバック

« かっちゃん号来土 | トップページ | タンゴの世界、ゴトウの世界 »

2013年12月11日 (水)

映画「楽隊のうさぎ」

 ときどき関わる映画の仕事。今回は原作は小説、「楽隊のうさぎ」に参加致しました。クライマックス・シーンで演奏される曲を、プロデューサーの磯田健一郎氏と合作。

Bj2014janその曲が、

今月発売のBand Journal誌(2014年1月号)の

付録になりました。

そう、これを買えば映画の中で演奏されている曲と同じものが、アナタのバンドでも演奏出来るってワケ。

 この映画、吹奏楽がテーマなのですが、なんとオーディションで集めた学生さんを、1年間かけて吹奏楽部として育て、撮影してきたそうです。

Gakutaiusagi私も試写会で拝見しましたが、

カメラ・ワークもドキュメンタリー・タッチで、

なかなかリアリティがありました。

また劇中の様々な場面で流れる音楽が、

マニア心をくすぐります。

耳を澄ますと「おぉ!」と思う曲もたくさん。そして吹奏楽経験者ならば、「そうそう、こんな感じだった」と、学生時代を思い出される方も多いかと。

 ちなみにサイトのクレジットにもありますが、楽器指導では我らが齋藤たかし氏も名を連ねております。主人公は打楽器を担当。...って事は...!?

« かっちゃん号来土 | トップページ | タンゴの世界、ゴトウの世界 »

コメント

ていほうさん、こんばんは!
タイトル見てビックリ。
前売券買ったところでした。
名古屋では、12月23日から公開です。
劇場でチラシもらってきたのですが、
楽譜割!というのがあるようで
当日楽譜(何でもよい)を持っていけば
200円割り引きになるようです。
ミュージシャンは、お得ですね(笑)

茨城ではやらないのかなぁ・・・ちょっと残念

ドラムセットがでたら、シンバルの高さに注目してみます。

> 笑猫さん
 おぉ!すごい偶然ですね。音楽映画は好きですか? 私は自分が関わったか関係なく、音楽映画は観るようにしています。

> ほーほいばさん
 一番近くで柏ですねぇ。あとは市民団体で上映会をやってもらって呼ぶとか。

> みやまさん
 アハハ、見る人が見れば分かるのでしょう。私もいつだったか、高校生が叩くDrumsを見て、たかし弟子と見破りました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/58740074

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「楽隊のうさぎ」:

« かっちゃん号来土 | トップページ | タンゴの世界、ゴトウの世界 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ