最近のトラックバック

« 2013年の年越し拉麺 | トップページ | 再会:遠藤雅夫先生 »

2014年1月 3日 (金)

それでも年越しは蕎麦

 テーホーのイベント好きは自他共に認めるところ。イベントも去る事ながら、アタシの重んじるのはスタイルです。取り分けセレモニー的なものは外せませぬ。

 んなもんで、「やっぱ年越しは蕎麦だろ!」と。ダブル・ヘッダーの1回目を終えたのが20:30をまわったところ。カウントダウン・ライブのための転換をしているとき、行くなら「今でしょ!」と、外に出ました。

131231213841 とは言え、

そんな時間にやっているお蕎麦屋さんは、

こういう店くらいなもの。

テーホーにとっては、

チョー馴染みのある店。

JRのあじさい、小田急の箱根そば他、ゆで太郎、小諸そば等、各チェーン店でみれば、一番利用している店かも知れませぬ。

131231213507 お客はアタシの他、

2人くらい。

結局このかけそばが、

2013年の年越し蕎麦となりました。

« 2013年の年越し拉麺 | トップページ | 再会:遠藤雅夫先生 »

コメント

ていほうさん、こんにちは!

写真見て間違いないと思いましたが
自分も合間に、ていほうさんと時間差でそのお店で食べてました。
もしかして同じ席かもしれません。
その時は、結構座席が埋まっていましたよ。

年越しそば食べることができてよかったですね。

そして食べ終わった自分たちは、カウントダウンライブの前に
もう一つライブに行きました。

> 笑猫さん
 商店街の中には、もっと大きな店舗がありました。そこはとても賑わっていました。同じエリアに2店舗もあるというのも凄いですね。何はともあれ、蕎麦にありつけて良かったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/58878221

この記事へのトラックバック一覧です: それでも年越しは蕎麦:

« 2013年の年越し拉麺 | トップページ | 再会:遠藤雅夫先生 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ