最近のトラックバック

« 運命の再会から震災を経て | トップページ | 二十歳のフラヴィア »

2014年2月23日 (日)

吹奏楽団アンサンブル・フラヴィア第20回定期演奏会

 何かとトラブルがあった準備期間。本番当日も全くトラブルが無かったワケではありませぬ。京浜東北線の事故は、沿線が会場のため、少なからず影響が。

Flavia20th01また聞くところによると、

団員の一部は、

前夜祭で盛り上がりすぎたとか...!?

それでも会場設営が始まり、少々時間はおしたものの、恙なくリハーサルを。

 今回テーホーにとって「初めて」という事がいくつか。

Flavia20th03まず何と言っても、

協奏曲という形態でピアノを弾く事。

基本的にセッション・ピアニストであるアタシは、

この角度で指揮者を拝む事は、まずありませぬ。今回プログラムの最後を飾った曲「Rhapsody in Blue」は、バンドと客席の間、つまり協奏曲というスタイルでPianoを弾く場合の位置で演奏。これは生まれて初めてですよ。

 ちなみに指揮者にとっても協奏曲は初めてだったようで、お互い「アナタで良かった!」と労をねぎらい合いました。ところでテーホー、「Rhapsody in Blue」は3回目。1回目は土浦交響楽団でBanjoを。2回目は明音交響楽団の「Symphonic Live」で指揮を。いずれもソリストは榊原大首相。

Flavia20th12更にチョー久しぶりに本番で吹いた、

Soprano Saxophone。

最後に吹いたのは、

なおていライブの「今日の楽器のコーナー」だったかしら。「もりたか君」という曲で。右の女性は、今回アタシの編曲した「Smile」でSoloを吹いて下さった団員。素晴らしいSoloでした。

 そして最後にも1つ「初めて」。アンコール1曲目は「along with you」の吹奏楽版の初演。今回のために書き下ろしました。これもテーホーはPiano Soloを。何だか先月の笹本玲奈さんのコンサートと言い、今回と言い、2014年のテーホー、Pianoを弾きまくっています!

 オトコ四十にして、Piano Concertoというスタイルに挑戦しましたが、司会者の紹介で「遊び心満載のPiano」というのが似合ったかしらね。とても楽しかったです。

« 運命の再会から震災を経て | トップページ | 二十歳のフラヴィア »

コメント

お疲れ様でした♪
いいコンサート♪でした。無料コンサートとは、ホントに申し訳ない気持です。アンコール最後まで聴けず残念でした。
新鎌ヶ谷のMinorCanisでは、レンコン、アンチョビのパン買ってきましたよ!
次はいつかしら…

> chihiroさん
 お忙しいところ、ご来場有り難うございました。貴重な生き証人になって下さいましたね。笹本さんのコンサートと言い、今回もそうですが、新たなテーホー・ワールドをご堪能頂き、光栄です。

フラヴィアのチューバ吹いてた者です。
私情によりほとんど練習の参加できず申し訳ありませんでした。
along with you のピアノソロで涙が出そうになったと、知り合い二人からメールが来ました。
実は自分も心にジーンと響き、本番で泣きそうになりました。

仕事の関係もあって打ち上げも出れなかったのですが、また機会があれば是非よろしくお願いします。

ありがとうございました!

> もきちさん
 お疲れ様でした。今回は本当に大変なプログラムだったと思いますが、ご一緒出来て良かったです。私にとっても転機となる本番でした。こんなに楽しくPianoが弾けた本番は、なかなかありません。
 そして「along with you」の吹奏楽版初演。歴史上のどんな名曲にも「初演」がある訳で、今回Flaviaの皆さんは、その「初めて」に携わったのです。前回の「運命の再会」もですけどね。またいつかご一緒出来る日を楽しみに!

フラヴィアのクラリネットを吹いていた者です。
啼鵬さんのバンドネオンやソプラノサックス、ピアノの
とても心地よい音を舞台上で聞くことができ、
とてもいい体験、経験になりました。
初めてバンドネオンを拝見して、演奏するときに
ひざに蛇腹をのせて演奏する姿に驚き、
音が鳴っている間はもちろん、閉じたときの「シュウッ」と
いう音も好きになりました・・・!
弦楽器版のalong with youも昨日聞き、感動しました!
打ち上げでも告白しましたが、前日練習で吹きながら
涙で楽譜が見えなくなってしまいました。こんなことは初めてで
自分自身驚きましたが、本当にこの曲を好きになりました!
また、ご一緒できる日を楽しみにしています!

> kyokoさん
 お疲れ様でした。一緒に音楽が出来て、とても嬉しかったです。「along with you」は様々なバージョンがありますが、今回また1つ増えましたね。初演をして下さり、有り難うございました。
 Bandoneonの蛇腹を戻すときの音。それは管楽器の息継ぎのようなものです。とても味があります。また次回に向けて、「忘れて下さい」。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/59187969

この記事へのトラックバック一覧です: 吹奏楽団アンサンブル・フラヴィア第20回定期演奏会:

« 運命の再会から震災を経て | トップページ | 二十歳のフラヴィア »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ