最近のトラックバック

« タブレット端末の行方【上】 | トップページ | つちうら混声合唱団15周年記念コンサート »

2014年2月28日 (金)

タブレット端末の行方【下】

 インパクトある最期を迎えた中華タブレット端末(2014年2月27日参照)。何となく困るというのは、「困る」事にはかわりなく、やはり代替え機が必要なので購入。

Asusmemo1近年急激に成長したジャンルなので、

選択肢がいくつかあったのですが、

このASUS MEMO Padを。

このBlogの熱心な読者諸君ならば、

アタシがかじったリンゴ製のを選ばない事は想像つくでしょうし、

テレビでもCMをしているものは、ストレージが使えない事もあり、このマシーンに落ち着きました。7インチです。

Asusmemo2今までの6インチと比べると、

やはり少し大きいですね。

この6インチは、

意外と手頃な感じで、なかなかの使い心地でした。しかしこの中華タブ以外、他社製は見かけませぬ。しかも其れも品切れ状態。

 あまりに小さいと画面が小さく見にくいですが、大きくなると今度は携帯性に劣ります。6インチはその境目でベスト・サイズ! と判断したメーカーはココだけで、あとのメジャーなところは、7インチがベストと判断したのでしょう。

 今度は壊さないように...。

« タブレット端末の行方【上】 | トップページ | つちうら混声合唱団15周年記念コンサート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/59215325

この記事へのトラックバック一覧です: タブレット端末の行方【下】:

« タブレット端末の行方【上】 | トップページ | つちうら混声合唱団15周年記念コンサート »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ