最近のトラックバック

« TANGO OGNAT 3回目のツアー【第参夜:浜松】 | トップページ | 米国大陸初上陸 »

2014年3月21日 (金)

春分の日のA.R.C.

 ギター文化館での演奏は3回目となるA.R.C.。

Arcgutar2014a春分の日だというのに、

春の気配はたいして無く、

風の強い日となりました。

何しろギター文化館の周りは、

畑だらけ。

風の影響をモロ受けまする。

 今回はタンゴ史上、重要なアーティスト、Bandoneon奏者のAnibal Troiloの生誕100年という事で、彼の曲を何曲か取り上げました。

Arcguitar2014b_2と言っても、

既にA.R.C.は彼の曲を、

何曲かレパートリーにしていました。

つまり、それだけTangoの定番曲を作っている、凄いアーティストという事です。

 Troiloのプレイで話題になるのは、その繊細さです。しかしBandoneonは「力強さ」をウリにしている部分もあって、その相反する部分を彼はどうしていたのか。残念ながら私も、録音でしか彼の演奏に接していないので、実際には演奏スタイルがどうだったか、分かりかねますが、彼の作った曲をみると、「Gordo(デブ)」というあだ名とは裏腹に、凄くロマンチックで繊細な部分を感じますね。

« TANGO OGNAT 3回目のツアー【第参夜:浜松】 | トップページ | 米国大陸初上陸 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/59332734

この記事へのトラックバック一覧です: 春分の日のA.R.C.:

« TANGO OGNAT 3回目のツアー【第参夜:浜松】 | トップページ | 米国大陸初上陸 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ