最近のトラックバック

« Rehersal with Chorus | トップページ | "Hand in Hand" 3rd Concert:reception »

2014年3月27日 (木)

"Hand in Hand" 3rd Concert

 Orchestra、Chorusとのリハーサルを経て、ついに本番の日。

Nyhih3rd01場所はあのリンカーン・センター!

と言っても飛び地にある、

Jazz at Lincoln Centerという場所。

Time Warner Center内にあります。

お天気は快晴。

このところの雨男テーホーは、なりを潜めていて良いコト。

Nyhih3rd02 何しろ合唱団だけでも、

百数十人もいるので、

控え室は、普段録音で使っている部屋を。

そこで発声練習も。College of New Jerseyの先生がやって下さいました。この先生、「ビバリーヒルズ××白書」のスティーブに似ているんだよね。アメリカ式(!?)の面白い発声練習でした。

Nyhih3rd04ホールの印象は、

今年1月に、

笹本玲奈さんのコンサートでのった、

銀河劇場に似ているな、と思いました(2014年1月31日参照)。そこにN.Y.City Opera Orchestraと福島県立橘高校、岩手県立宮古高校、埼玉県立川越高校、College of N.J.の合唱団。更にはちびっ子達のChorusも!

Nyhih3rd03そんなにステージに乗れるんかい!

ってくらいですよ。

またそのちびっ子達、

リハ中は1分おきくらいに、誰かしら先生に注意されていました(笑)。アンコールには今回のために編曲した、「坂本九メドレー」のオケ伴奏で。...って、プログラムに予め「Encore songs arranged by TEHO」って書いてあるじゃない! そういうもんなんですか、アメリカ式は。

Nyhih3rd05そうそう、アメリカ式で1つ。

開演前からステージにのり、音出しを。

そしてConcert MasterやMaestroが舞台上に、

というのがアメリカ式。ヨーロッパ式は、開演前にはステージには入らず、合図で以てみんなで入場。トーゼン今回はアメリカ式で。日本のオケでも最近アメリカ式、結構ありますね。

 さてHand in Hand第3回演奏会。演奏者だけでも大集結ですが、それを支えるスタッフの人達(多くはボランティア)がホント凄く、それだけに終わったときの達成感は何事にも代えられませぬ。N.Y.の夜は長く、終演後は...!? つづく。

« Rehersal with Chorus | トップページ | "Hand in Hand" 3rd Concert:reception »

コメント

ていほうさん、こんにちは!
アメリカ式コンサート情報ありがとうございます。

昨日某新聞の夕刊にこの記事と写真が掲載されてましたよ。
残念ながら、写真にていほうさんのお姿はなかったのですが
じっくり読んでしまいました。

記事には参加されている福島の高校生が現在は避難しているのですが
感謝のコメントが掲載してありました。

しっかり日本にも伝わっております。

> 笑猫さん
 おぉ!日本のメディアにも載りましたか。私は下手奥なので、さすがに目立ちません。全体写真だと判別は難しいでしょうねぇ。
 初めてのアメリカ大陸。とても印象に残るものになりまいた。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/59364557

この記事へのトラックバック一覧です: "Hand in Hand" 3rd Concert:

« Rehersal with Chorus | トップページ | "Hand in Hand" 3rd Concert:reception »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ