最近のトラックバック

« "Hand in Hand" 3rd Concert:reception | トップページ | College of New Jersey(TCNJ)へ »

2014年3月29日 (土)

Ramen in New York

 感動的なステージ、和気藹々のレセプション、とくれば次は大人の時間!? マエストロ山田とピアニスト廣畠愛に加え、ステージの映像を担当したElizabeth Van MeterとJoachim Schamberger、更に事務局の人間も加わり、二次会へ。

Nykaraoke1しかもそこはKARAOKE。

そう、JudoやSushiなどと並び、

英語になった日本語「KARAOKE」です。

尤もこのお店は、日本人の店員さんが対応してくれます。

 N.Y.のカラオケならば曲はどうなる?って、そりゃ30~40年前のカセットをガッチャンと入れるやつならともかく、今は膨大な収録曲。洋楽も邦楽もたぁくさん。

 と言ってもテーホーの関心事は食べ物メニュー。何しろカラオケには今までの生涯、2~3度しか行った事がなく、しかも「カラオケ」が目的で行ったのは1回のみ。あとは楽器練習とか、ミーティングとかね。

Nykaraoke2んなもんで、

とんこつ醤油ラーメンの字に目がいき、

早速オーダー。

相当待たされ、ついにN.Y.のラーメンを! 本番後の打ち上げ×次会ではラーメン、というのが啼鵬の定番であることは、このBlogの熱心な読者諸君ならばご存じのハズ。最近ではEnsemble Flaviaとの本番後に(2014年2月25日参照)。

Nykaraoke3どうやら雪も降ったらしい寒いN.Y.で、

トーゼン半袖の啼鵬。

至極健康的なN.Y.ライフの中で、

ようやく掴んだ「不健康」。言ってみればコレのためにN.Y.に来た、と言ったら言い過ぎかぁ。

 $11.00で手に入れた不健康でした。

« "Hand in Hand" 3rd Concert:reception | トップページ | College of New Jersey(TCNJ)へ »

コメント

まるで日本と同じようなRAMENですね。でもさすがNY,物価はかなり高いですね。11ドルとは。

日本の取材はなかったとおっしゃっていましたが、この演奏の映像見れるといいのですけど。

> HIROKOさん
 これはドキュメンタリーにしても、十分見応えのあるイベントです。しかもこれらの本番の前に、彼らは日本で合宿もしています。
 N.Y.ではマックも高そうでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/59377589

この記事へのトラックバック一覧です: Ramen in New York:

« "Hand in Hand" 3rd Concert:reception | トップページ | College of New Jersey(TCNJ)へ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ