最近のトラックバック

« 今でも地元製品 | トップページ | パン屋ハシゴ【埼玉編】 »

2014年5月 4日 (日)

NISSIN CHOW MEIN

 恐らく日本では手に入らないインスタント食品を、アメリカでゲットしてきました。それも日清の。

Nissinmein1 パッと見、

汁物ではなさそうで、

「THAI PEANUT FLAVOR」と書いてあるのを見ると、

東南アジア系の麺類という事でしょうか。「NISSIN ORIGINAL」というのを、どう解釈してよいやら。インスタント食品は基本、(インスタントでない)本物があるわけで、「オリジナル」の意味はどこまで及ぶのか...。

Nissinmein2 実は先入観で、

てっきり湯切りでもするものかと思いきや、

なんと水を入れて、

電子レンジで5分。って、待てよ。よく見ると1000Wじゃないか。うちのは800Wまで。う~む、適当に6分くらいに。

Nissinmein3その後、かやくや味付け用の粉末を混ぜて、

出来上がり。

なかなか美味しかったですよ。

さすがは世界の日清。

 ただコレ、どういう人達が買うのかしら。ここでさっきの「オリジナル」が問題に。元々どこぞの民族が食べている麺を手本に作ったならば、多民族国家アメリカの、そういう人達向け。しかし「オリジナル」って事は、この世に新たな(味の)麺類を生んだってコト?

 ところで水を入れてレンジでチン。このスタイル、何故日本ではやらないのでしょう? 恐らくはコスト面かしら。そのレンジでチンのために、器が特殊なようです。そうなると通常¥100前後がメインのカップ麺。お値段そのままという訳にはいかなさそう。

« 今でも地元製品 | トップページ | パン屋ハシゴ【埼玉編】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/59583243

この記事へのトラックバック一覧です: NISSIN CHOW MEIN:

« 今でも地元製品 | トップページ | パン屋ハシゴ【埼玉編】 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ