« パン屋ハシゴ【埼玉編】 | トップページ | まずいもの探検記【とんこつトマトラーメン】 »

2014年5月 6日 (火)

廃棄されるPC

 大学を卒業するくらいから、自作PCにハマッていたテーホー。今となってはこれまで何台組み立てたかも思い出せませぬ。また1度組み立てたものを、パーツを組み替えて再度構築したものもありますから。

 アタシが始めた頃は、「作った方が安い」というキャッチは少々揺らいでいて、Winows3.1の出現によって、日本語環境がマシーンに依存しなくなり、それまでシェアの大部分を占めていた国民機NEC98に取って代わる、DOS/V機(これも今となっては死語!?)が、各社から販売されていました。更に社会現象ともなったWidows95の発売で、もう群雄割拠。

 それらのPCには、たくさんのソフトがバンドルされ、他に何が必要?ってなくらい。さすがにテーホーが使うような音楽ソフトは付属していませんでしたが、「一太郎&Excel」(当時はこの組み合わせのユーザーが多かった!)、葉書宛名印字、画像処理、乗り換え案内など。またこの後もCD書き込み、ビデオ編集などなど、ハードウェアの発達と共に、付属ソフトの幅も広がるのでした。

 結局一般人が使うPCに関しては、個人で自作すると、ソフトウェアは別に買いそろえなくてはいけないので、逆に高くついたものです。そもそもOSだってちゃんと購入しなくてはいけませんし。これだけで2万もしたり。なのでメーカー製で、あまり販売台数の多くない、ハイスペックPCだと、自作した方が若干安い、という感じでした。もちろんハイスペックなパーツは、それなりにお値段もしましたケド。

Haikipc1そんな自作PCも、

もちろん寿命もあるので、

廃棄する事に。

またこの筐体が場所をとるのです。

真ん中のスケルトンなんて、

時代を反映したものです。そう、iMacの流行ったときには、こんな筐体も売っていたのですよ。

 こんなに捨てても、まだ啼鵬の仕事場には、現役自作PC(Windows2000)が1台、使ってはいなくて、何となく置いているのが1台(Vine)、中古PCを再生して使っているのが2台(WindowsXP,ubuntu)、事務仕事専用で買った新品PCが1台(Windws7)、いつか再生しようと思って、そのままになっているIBM Aptiva(Windows98)、FDDを実装しているために使っているノートPC1冊(WindowsXP)、そして現役バリバリの国民機NEC9821V7(MS-DOS 5.0)。更には遊撃手として、ThinkPad E520(Windows7)、ThinkPad X120e(Windos7)、ThinkPad T23(WndowsXP)...。

 何だかまるでパソコンに埋もれて生活しているようですが、トーゼン1度に使えるのは1台。それぞれ役割があるので、みんなかなりの長命PCですよ。

« パン屋ハシゴ【埼玉編】 | トップページ | まずいもの探検記【とんこつトマトラーメン】 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 廃棄されるPC:

« パン屋ハシゴ【埼玉編】 | トップページ | まずいもの探検記【とんこつトマトラーメン】 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ