最近のトラックバック

« NISSIN CHOW MEIN | トップページ | 廃棄されるPC »

2014年5月 5日 (月)

パン屋ハシゴ【埼玉編】

 第二次ベビーブームで生まれた啼鵬の世代。我々がガキの頃は、ラーメンの専門店は少なく、中華屋さんや大衆食堂の中の1メニュー。それが今では系譜がきちんとしている専門店から、オリジナルまで多種多様。

 同じような事がパン屋にも言えます。昔のパン屋の多くは、大手製パンの看板を掲げ、その商品を売る店。もちろん店舗で焼く自家製もあったでしょうが、今と比べれば、明らかに状況が違いまする。

 アイディア勝負の「町のパン屋さん」と、製法はもちろん、粉もこだわり、欧州のハイクォリティなパンを提供する店とでは、パン素人のテーホーが食べても違いが分かりまする。

 今年のGWは前半、葉加瀬太郎さんのアルバム制作に携わったので、後半はパン屋巡りを。今回は少し足を伸ばし、埼玉県の2軒。

Rakuraku 1軒は川越市のお店。

よくテレビに出る有名な街道から、

ちょっと路地に入ったところにあります。

GWの朝イチというビミョーな日時に訪れたので、お客さんはそんなにはいませんでしたが、以前訪れたときは、外にも行列。そう言えばN.Y.で共演した川越高校。この近くですね。彼らもここのパン、食べているかしら。

Cimai もう1軒は幸手(さって)市。

幸手市と言えば数年前、

我が茨城県の五霞町との越境合併が話題に。

結局合併は実現しませんでしたが、つまりは埼玉と茨城の県境にある市。この日もつくばナンバーの車が買いに来ていました。

 このお店、開店時間から1時間ほどして着きましたが、パッと見の品数の少なさに驚きました。しかしそれは元々乏しいのではなく、時間によって焼き上がる種類が変わってくるもの。なので1日で考えれば、結構な数の種類を焼いているとは思います。

 まぁ、それは1日中焼いている普通のパン屋さんならばそうなのですが、ここはその店の雰囲気からも、最も職人的な部分を感じました。それはもはや単なる買い物ではありませぬ。「○○パンを買いにこの店に行く」のではなく、「この店のパンが食べたいから行く」「行ったら並んでいるものを選ぶ」といった、パンを発信するアーティストといった感じ!?

 ちなみに今回行った2軒に共通する事。それは両店舗とも狭く、小さな店だという事。つまりクォリティを追い求めれば、自ずと規模は小さくなっていくもの。ハイクォリティを大量生産など、個人経営の出来るものではありませぬ。

« NISSIN CHOW MEIN | トップページ | 廃棄されるPC »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/59590980

この記事へのトラックバック一覧です: パン屋ハシゴ【埼玉編】:

« NISSIN CHOW MEIN | トップページ | 廃棄されるPC »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ